無駄なものを整理して節約に繋げるための方法とは?

タイトル画像 節約生活

「あれ?買ったものの一回も使ってないな。」
「本買っただけで読んでいない!」
「いつか使いそうな気がするから置いとく!」

皆さんは無駄なもので溢れていないでしょうか?
節約とものの多さは、密接な関係にあります。
ものが少ない、又は、整理できているほど、節約的な思考へと繋がっていきます。

今回は、ものを減らすことによる節約効果やついついやってしまいがちな衝動買いやミニマリストの考え方について、ご紹介します。

「いつか使う」は使わない!

ものを思い切って手放す!

お部屋の大掃除や引っ越しなどの際に、「念のため置いておこう!」「いつか使う!」「捨てるのはもったいない!」と言って、部屋がもので溢れていませんか?
実はお金を貯められない人ほど、ものが多い傾向にあります。

パターンとしては、持っていたことを忘れてしまい、同じようなものをまた買ってしまったりとかすることです。
そのような使っていないものは思い切って手放してみてください。
意外と気になりませんよ。
むしろ清々しいものです。

ものの管理はお金の管理!

ものを減らすことで、「本当に必要なもの」を理解することができます。
何のために買ったのか、何のために使うのか。
この考え方を自然と持てるようになれば、節約の思考になっています。
ものを減らすことの一番の節約効果は、節約思考の獲得にあります。

また、手放す時にフリマアプリを活用して、お金を増やすこともできます。
使っていないものを減らすだけではなく、収入に繋げます。
節約とは、ただ切り捨てるだけではなく、稼ぐこともひとつの節約思考です。

実践!片付けるコツ

ここでは、私が実践しているものを減らす方法をご紹介します。

まずは、ものが多く狭い場所から手をつけます。
ものが多くて狭い場所には、必要のないものが多いです。
捨てやすいものがある場所の捨てれるものから減らしていく習慣をつけましょう。
例えば、キッチンや洗面所、引き出しの中などだけでも構いません。
いきなり100%、必要のないものを捨てることは難しいので、少しずつ行いましょう。
明らかなゴミから捨てていくと、すっきりしますよ。

次に、片付けをする時間を決めます。
ずっと片付けをするのではなく、例えば10分だけと割り切って片付けをすると良いでしょう。
短い時間でも習慣をつけることが大切です。
まとまった時間で一気に片付ける行為は、なかなかうまくいきません。

場所を選ぶことと片付けをする時間を決めるだけで、私はものが一気に減りました。
「本当に必要なもの」以外の買い物をすることがほとんどなくなりましたね。

クード スクエアプッシュペール ゴミ箱 ふた付き 【特典付き ポイント10倍 送料無料】 分別ゴミ箱 ダストボックス スリム キャスター プッシュ式 縦型 日本製 ゴミ入れ コンパクト キッチン シンプル おすすめ 【ギフト】[ kcud スクエア プッシュペール ]

価格:4,320円
(2019/1/2 19:09時点)
感想(27件)

ゴミ箱をオシャレにすることもポイントです。
スタイリッシュでオシャレなゴミ箱を置くことで、その雰囲気に合わせようと片付けもはかどるものです。
要は気分的な部分からの片付けへの刺激ですが、そういうことも大切ですよ。
「節約する!」「片付けする!」と決めた人は、ゴミ箱を買い替えるところからお勧めします。

節約の敵「衝動買い」!

貯金ができる人は衝動買いをしない!?

ついついやってしまう「衝動買い」、買った時は満足感でいっぱいです。
しかし、その後に後悔するのであれば、それは無駄なものが増えたということです。
衝動買いは節約の敵です。
無駄なものが増えるだけでなく、お金もなくなります。

貯金ができる人は衝動買いをしません。
お金をしっかり管理しており、また、衝動買いが後悔をしやすい買い物だと知っているからです。

「なんで買っちゃったんだろうか?」
「同じようなものを買ってしまったな。」

このような後悔を私もしたことがあります。
もうこう思ってしまった瞬間に、無駄な出費なんだなと思います。
お金を貯められる人でも衝動買いをしたくなる日はあります。
ただ、お金を貯められる人は、自分の衝動買いを抑える方法を知っています
また、それをルールにして上手く衝動買いと向き合っています。
そのルールのおかげで、ムダな買い物をせずに済んでいるわけです。

実践!衝動買いを抑止するルール

  • 買う前に立ち止まる
  • その場を離れる
  • 本当に欲しいかどうか考える
  • お金を持たない
  • 欲しいものをリストアップ
  • 衝動買い用の予算を作る

例えば、このようなルールです。
これは私が実際に取り組んでいるルールです。

買いたいものがあった時に、すぐ手に取るのではなく、一旦立ち止まって「これは必要なものかな?」と考えます。
それでも衝動が収まらないときは、一旦全然関係のない場所まで離れます。
これだけでも結構衝動買いの欲が収まることがありますね。
一度離れることで冷静になり、落ち着いて考えることができます。

それでも衝動買いをしてしまうことはもちろんあります。
そんな状態になった時は、「お金を持たない」ことです。
どんなに欲しくてもお金がなかったら、一時的にでもその場を離れざるを得ません。
この間に落ち着けたり、興味が変わります。
必要最小限のお金だけを持って、高額な衝動買いをしないように気をつける方法です。

【楽天ランキング1位獲得】 [レガーレ] カーボン レザー キーチェーン付 コインケース 10色 (化粧箱入り) プレゼント メンズ 小銭入れ 父の日 ギフト プレゼント あす楽対応 送料無料

価格:3,680円
(2019/1/2 19:14時点)
感想(742件)

必要最小限のお金だけを持つために、お財布を小銭入れだけにする方法もあります。
日常生活や少しのお出かけ程度であれば、小銭入れを使うだけで大きく自制が効きますよ。

リストアップは、じっくり考えるためです。
先にリスト化し、取捨選択をしておきます。
そうすることで、必要のないものには目がいかなくなります。

あとは余裕があれば、衝動買い用の予算を作ってしまうことです。
ここまでは、衝動買いしないためのお話をしてきましたが、決して衝動買いがダメなわけではありません。
我慢は、かえって欲しくなることもあります。
本当に必要だと思うこともあります。
家計に影響ない程度での予算は問題ありません。
買い物をすることで、次の衝動買いを抑えることもできたりします。
衝動買いを許すルールも、節約に繋がります。

ミニマリストに挑戦!

極端な例にはなりますが、節約をするためには、ものを買わないことが一番です。
極力モノを買わずに生活する方々をミニマリスト(最小限主義)と呼び、今増えています。

ミニマリストのメリットとしては、下記の通りです。

  •  ものを買わない
  •  節約に繋がる
  •  部屋が広くなる

いきなり「ミニマリストになりなさい!」というものではありません。
ミニマリストをひとつの目標として、挑戦してみることを今回はおススメします。

食費の削減

食費を削減する方法は様々ありますが、一番効果的な取り組みは、下記のものです。

  • 外食を無くす!
  • ジュースやお菓子の量を減らす!
  • お惣菜を購入しない!

外食は安くても1,000円程かかります。
お惣菜も基本的に家で食べるよりかは割高な設定のものが多いです。
要は、自炊で食費を浮かせる事ができます。
また、意外と大きな出費となるのは、ジュースやお菓子代です。
0円にする必要はないですが、ある程度の予算設定はしておくべきだと思います。

不要なものを買わない

これは衝動買いのノウハウと同じような部分があります。
根本的な考えとしては、買う前に「本当に必要なものかどうか?」をちゃんと考えることです。
一度立ち止まって考えるだけでも全然違います。

ものが全然置けないように、狭い家に住んでしまうということもひとつの方法です。
置くスペースが限られるので、必要以上にものを買うことに抵抗が出てきます。
また、狭い家だと家賃などの値段も安く済む可能性も高いので、併せてお得ですね。
不要なものを買わない方法として「むやみに外出やショッピングに出かけない」ことが大切です。

ミニマリストの人は、必要最小限の行動によって、モノを買う事も必要最小限に抑えています。

まとめ

ものを減らすことで、「必要なもの以外は要らない」という考え方が生まれます。
ついつい不用品を買ってしまう人には、まず取り組んでほしいですね。
私も元々は、ものがかなり多く浪費する傾向にありました。
気になったものはまず買ってみたり、Amazonや楽天市場ですぐに買い物していました。
しかし、ものを減らしたことをきっかけに、節約思考が高まり、お金にも少しずつ余裕が生まれています。

みなさんも、ミニマリスト的な思考を持って、節約生活をスタートしてみてはいかがでしょうか?

コメント