交通費節約のために節約初心者がまず取り組むべき5つの節約術とは?

タイトル画像 節約生活

皆さん交通費はちゃんと節約を意識して支払っていますか?
結構何気なく支払っている交通費だと思いますが、実は、交通費の節約方法は、各交通手段によって様々あります。

しかし、節約初心者がいきなり複雑な節約方法を活用する必要はありません。
今回は、交通費節約のために節約初心者がまずは取り組むべき5つの節約術について、ご紹介します。

交通費にはどんなものがある?

日常の移動手段として、様々な交通手段があります。
基本的には、徒歩や自転車以外は交通費がかかります。

  • 電車
  • バス
  • 新幹線
  • 飛行機 など

新幹線や飛行機は、ほとんどの人が旅行や出張時以外は利用しませんが、金額が大きいものとなります。
今回は、一般的に利用者が多い「電車」と「車」について、ご紹介します。

節約初心者向けの5つの交通費節約とは?

交通系ICカードを使おう!

関東圏ではSuica、関西圏ではICOCAやPiTaPaが有名なように、各地の公共交通機関でICカードが普及しています。
知らない人が意外と多いのですが、実は、ICカードは切符代を1円単位で計算しています。
現金で切符を買うと、10円単位で計算されます。
そのため、現金よりもお得になることがあります。

例えば、東京から新宿間で計算します。
切符だと200円ですが、ICカードでは194円です。
片道6円、往復で12円がお得となります。
この区間を1ヵ月間毎日乗車したとすれば、12円×30日で360円、1年で4,380円も安くなります。
電車の使用頻度が多くなるほど、ICカードの方がお得になります。

参考ですが、2019年1月現在、1円単位での料金設定がされているのは、関東圏のみです。
関西圏では切符もICカードも10円単位が基本となっています。
しかし、切符を買う時間や手間を考えても、些細ではありますが、ICカードは時間の節約にも繋がりますね。
ICカードのおかげで1本早い電車に乗れることもあるでしょう。

電車の定期券はクレジット払いで!

通勤や通学のために購入や更新をしている定期券は、クレジットカード払いで買いましょう。
もし今現金で支払っているのであれば、次からクレジットカード払いに切り替えましょう。
クレジットカード払いにすることで、クレジットカード会社のポイント還元を受けることができるからです。

例えば、80,000円の6ヶ月定期券を還元率1.0%のクレジットカードで支払えば800円分のポイント還元があります。
年間で、1,600円分もお得になります。
もし交通費が会社より全額支給であれば、1,600円稼いだことと同じです。
定期券は非常に金額が大きいため、購入や更新をする時は、クレジットカードで支払うようにしましょう。


年会費無料【Yahoo! JAPANカード】

Yahoo!JAPANカードであれば、Tポイントがもらえます。
もちろんTカードとしても利用することができるので、Tポイントユーザーには是非手元に持ってもらいたいカードです。

回数券を使おう!

楽に電車代を安くしたいのであれば、回数券を活用することをおススメします。
有効期限内で使い切れる見込みがあれば、駅で回数券を購入する方法が一番安いです。
もしも、回数券分使い切れる自信がない場合や1回しか乗らない区間の場合は、近くの金券ショップで確認してみましょう。
金券ショップでは、回数券がバラでも売られています。
普通に切符を買うよりも安くなるため、交通費の節約にも繋がります。
また、一部の電鉄会社は、クレジットカードで回数券が買えるところもあります。
その場合は定期券と同様に、クレジットカード払いでポイント還元を受けましょう。

企画カードの活用!

電鉄会社によっては、1日乗り放題券を発行している会社もあります。
例えば、大阪メトロのエンジョイエコカードがあります。
私は大阪在住なのですが、券売機で簡単に買えるだけでなく、お得なのでよく利用しています。
平日800円、土日祝日600円、小児300円で、地下鉄、バスなどが1日乗り放題になる券です。
また、エンジョイエコカードを提示することで、大阪城天守閣や梅田スカイビル、天王寺動物園などでは各種割引もあります。

このように全国各地でいろんな企画カードが発行されています。
まず普通に切符を購入する前に、多く乗り降りする区間があれば上手に活用出来ないか検討してみてください。

格安レンタカーやカーシェアリングの活用!

車を持っていない人のちょっとしたお出かけには、格安レンタカーやカーシェアリングを活用することもおススメです。
カーシェアリングは、短時間から気軽に利用することができます。
料金も比較的安く企業によって金額はさまざまですが、安いものであれば、入会料金1,000円ほどで時間料金は15分200円からなどの価格設定もあります。

格安レンタカーは、安く使おうと思えば一括見積もりサービスを活用すると良いです。


全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

格安レンタカーやカーシェアリングは、友人などで料金を割れば、電車よりもお得になることもあります。
また、何より移動中も楽しいですよね。
車の購入を考えている人は、維持費や税金で悩むくらいであれば、格安レンタカーやカーシェアリングの活用も前向きに考えましょう。

(関連記事:乗らない車を思い切って手放すと年70万円の節約になった!

まとめ

今回は、交通費節約のために節約初心者がまずは取り組むべき5つの節約術について、ご紹介しました。
交通費はやむを得なしと思いながら使っていると、いつの間にか金額が膨れ上がってしまいます。
日々少しずつ交通費を削ることで、長い目で見ると大きく節約にも繋がります。
いきなり新幹線や飛行機の節約なんてすることもありません。
節約初心者には、まず身近な交通費にポイントを絞ってもらい、できることから始めてもらえれば良いと思います。

この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科 [ 松本 博樹 ]

価格:1,296円
(2019/1/19 22:36時点)
感想(0件)

「節約ハック大百科」
この本は、節約初心者には手元に持っておいていただきたい1冊です。
節約や貯金などのお金の考え方や実際の節約術、また、投資術を簡単に書いています。
交通費についても、わかりやすくまとめてくれています。
今回ご紹介した内容以外のアレコレを是非チェックしてみてください。
この1冊を読破するだけで、節約や貯金についてよくわかりますよ。

◯一緒に読みたい記事

コメント