まずは100万円貯蓄!目標を達成するためには?

タイトル画像 お金のこと

「なかなかお金を貯められない!」
「社会人になったら、まずは貯蓄!」
「将来のためにお金を貯めたい!」

20歳代や30歳代の若い社会人は、この意識を持つ人が多いと思います。
とても高いとは言えない給料の中で、しかも飲み会などの付き合いも多い中での貯蓄は大変です。

「今月いくら使ったのかな?」
「余った金額が貯蓄かな。」

この意識の人は危ないです。
貯蓄できないことはないですが、あまりきちんと達成出来ている人は少ないように思います。
今回は、100万円の貯蓄を達成するための考え方や方法について紹介します。

しっかり目標設定!

貯蓄の目標金額を達成するためには、「なぜ100万円を貯金するのか?」の目標を明確にすることが大切です。

「海外旅行に行きたいから!」
「当面の余裕資金や臨時資金!」
「将来の結婚などを見据えて!」

何か決められたものがあるわけではありませんが、特に強くモチベーションが維持できる目標があるとよいです。
目標は具体的なほど良いですが、目標設定が難しい人は漠然としたものからでも大丈夫です。
なんとなく貯蓄を始めるのだけはやめましょう。

将来のことを考えると、お金は貯めれる時に貯めておくに越したことはありません。
将来、結婚や出産、住宅購入、教育費など、大きな支出は定年退職近くまではなくなりません。
「お金を貯めておける時期に、まとまったお金を貯めておく!」というのもひとつの目標です。

大きな目標がなくても、お金を貯める習慣をつけておけば、将来、貯蓄額以上の財産になります

(関連記事:家計簿アプリで目標設定!無理なく節約生活を始める方法とは?

お金の状態を把握する!

目標を明確にしたうえで、下記のいずれかを実践してみましょう。

  • 家計簿をつけること
  • 貯蓄用口座を分けること

一番大切なことは「お金の見える化」です。
貯蓄額の見える化により、お金が貯まっていることが実感できます。
また、モチベーションの維持にも繋がります。

そして家計簿や貯蓄用以外の口座を見ることで、無駄な支出も見える化できます。
お金の状態をわかりやすく見える化することは、貯蓄の大きな力となります。

(関連記事:楽に効果的な節約を!簡単に使える家計簿アプリ3選

毎月いくら必要か?

例えば、1年間で100万円の貯蓄をするためには、毎月いくら貯める必要があるか、また、毎日いくら貯める必要があるか。
目標金額を達成するために、毎月毎日いくら貯めればよいかという考え方が必要です。
このように考えることで、お金の使い方や管理の方法が見えてきます。

期間は無理に1年で達成する必要はありません。
無理をするとストレスにより続けるのが困難となります。
期間設定は無理のないようにしましょう。
ボーナスが支給される人は、ボーナスの一部を貯蓄すれば、毎月の貯蓄額の負担は減ります。

例えば1年での目標達成を目指す場合は、毎月84,000円、毎日2,740円です。
2年での目標達成を目指す場合は、毎月42,000円、毎日1,370円です。

貯蓄の基本!?先取り貯蓄!

ひとつの方法論としてご紹介します。
「お金を貯めるのが苦手!」という人に実践してほしいのが先取り貯蓄です。
要は「お金が貯まる仕組みを強制的につくること」です。
先取り貯蓄とは、給料が入ったら、先に貯蓄分を取り分けてしまうという方法です。
支出したあとに余ったお金を貯蓄に回す方法とは異なります。

具体的な方法としては、下記のようなものがあります。

  • 財形貯蓄
  • 積立定期預金 など

上記は自動的に積立ができる仕組みです。
毎月給料日に指定した金額を、給与や口座から自動的に引いてくれるので、作業が不要です。
また、財形貯蓄も積立定期預金も簡単に引き出せないことが特徴です。

日常生活に多少無理が生じる時期もあると思いますが、お金を貯めるのが苦手な人は多少無理をするくらいでちょうどいいと思います。

一般的に先取り貯蓄は、貯蓄の基本であり、一番大切なことだとも言われています。
正直、余ったお金を貯金するスタイルでは、貯蓄残高は増えにくいです。
「まだ◯◯円余裕がある!」という意識がどうしても働いてしまいます。
確実に貯蓄を増やすためには、「先取り貯蓄」が確実です。
残ったお金の範囲で生活すれば確実にお金は貯まります。

本当に生活が苦しくなることがあれば、財形貯蓄も積立定期預金も積立金額の変更や途中でやめることができますので、臨機応変に行いましょう。
先取り貯蓄はお金の管理を見直すきっかけにもなりますので、貯まらない人にオススメしたい方法です。

お金の捻出方法!

お金の捻出方法には様々ありますが、代表的なものは節約ですね。

毎月10,000円を節約するのは思っている以上に簡単です。
ちょっと意識するだけで大丈夫です。
例えば、下記のような場合でも10,000円節約です。

  • 食費:1週間1000円節約
  • 飲み物代:家から水筒を持参で2000円節約
  • 外食を1回やめれば3000円

これだけでもだいたい10,000円程になります。
他にも日用品費や交際費などの変動費は、意識ひとつで減らすことができます

更に節約する場合は、携帯電話代などの通信費や水道光熱費、家賃、保険などの固定費を見直しましょう。
毎月の固定費用を見直すことで、貯めるお金を確保します。
車を手放すのもひとつの手です。
私たちは手放したことによりお金にゆとりが出で生活が充実しました。

(関連記事:乗らない車を思い切って手放すと年70万円の節約になった!

それでも厳しい人は収入を増やすことも選択肢に入れましょう。
副業が出来ることが前提にはなりますが、スマートフォンひとつで少し稼ぐといったこともできる時代です。
新しい収入を作ることは、生活が変わるということです。
生活にあった無理のない程度にしましょう。
ただし収入が増えても、支出も一緒に増えたら意味がありません。
増えた収入は、あくまで貯蓄用だと意識しておきましょう。

まとめ

将来何が起こるかわからないし、不安に備えて貯金することは非常に大切なことです。
今回のポイントは、「目標設定の大切さ」と「お金の見える化」、そして、「先取り貯蓄」です。

いきなり全部を!とは言いません。
ストレスにもなり継続が困難になります。
まずはお金のことをしっかり考えるところから始めてみてはいかがでしょうか?

私はこの本を読んで、給料などの収入のことや今後老後までの支出のこと、税金のこと、増やす方法などを学びました。
各項目がわかりやすく簡潔に書いているので、ひとつの読み物としてオススメのします。

節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本 節約・貯蓄・投資の前に(前サブ) [ 泉美智子 ]

価格:1,296円
(2018/12/18 19:59時点)
感想(1件)

 

コメント

  1. […] (関連記事:まずは100万円貯蓄!目標を達成するためには?) […]