「とりあえず節約・貯金」は失敗する!目的が大切な本当の理由とは?

タイトル画像 お金のこと

あなたは何のために節約や貯金をしていますか?
また、その目的をきちんと説明できますか?

「とりあえず節約している!」
「なんとなく貯金している!」

このような考え方の人ほど、節約も貯金もうまく出来ていない可能性が高いです。
節約や貯金は、あくまでひとつの手段です。
目的を達成するための手段でしかありません。
節約や貯金が目的となるのは間違っています
今回は、節約や貯金において「目的」の大切さと取り組み方法について、ご紹介します。

節約・貯金は「手段」!

「お金がない!」
「節約をしないといけない!」
「貯金をしないといけない!」

上記の例のように、「まずは節約や貯金をすること」が目的になっていませんか?
多くの人が節約や貯金を、目的としてしまっているように感じます。
本来は、別の目的があって、その目的を達成するための手段として、節約や貯金をするものです。

例えば、安い買い物をしたり、給料からお金を貯金口座に移すだけで目的を達成したような満足をしていませんか?
節約や貯金は手段であり、目的ではないことをまずは認識しましょう。

節約や貯金が目的化されるとダメな理由とは?

節約や貯金が目的になると、多くのデメリットが生じます。

  • お金の使い方を失敗する
  • 暮らしの満足度が下がる
  • 健康状態に影響が出る など

例えば、食事を極端に削って、その節約生活に満たされているとします。
この場合、本来摂取すべきカロリーや栄養の不足による体調不良、ストレスによる心身への負担が起こると考えられます。
もしこの方法でお金が貯まったとしても、その生活は楽しめているのでしょうか?
節約や貯金は、楽しく実行してこそ継続するものであり、暮らしや生活環境を大きく変えてまで行う必要はありません。

節約や貯金が目的化されてしまうと、お金の向き合い方の方向性が徐々にズレてきます。
お金を使うことに罪悪感を覚え、本当に必要な支出ですら使わない場面も多くでます。
節約や貯金で勘違いしてはいけないことは、お金を使うことは悪いことではありません。
積極的に使い過ぎるのはいけませんが、目的を持って使うべきものです。
節約や貯金は、生活の質を下げずに、無駄なものを省くことだという認識をしっかり持ちましょう。

目的の重要性とは?

目的をつくる理由は?

節約や貯金をするうえで、目的をつくることは重要なことです。
何のために節約や貯金をするのか?
なんとなく「節約しようかな。」「貯金しようかな。」では、間違いなく継続できません。
何事にも、目的をつくることは必ず必要です。
仕事で例えてみましょう。

  1. 目的:今月の利益は100万円を目指す
  2. 過程:100万円を達成するために、方法の見直しや考え方を再考する
  3. 結果:無事100万円の利益を達成した

もし目的がなく、「とりあえず営業に行こうかな」では、仮に利益が上がったとしても、結果には全然結びつかないことが想像できると思います。

また、節約や貯金って数年は長い期間続ける必要があるので、モチベーションを保ち続けることが成功のポイントにもなります。
そのためにも、目的をつくることには大きな意味があります。

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]

価格:1,512円
(2019/1/15 23:46時点)
感想(1件)

「メモの魔力」
今大人気のビジネス本で、節約や貯金に取り組む人で知らない人はいないでしょう。
ただ単のビジネス本ではなく、日常生活の見直しやお金の見直しにも繋がるメモ術や考え方が記されています。
また、読むだけではなく実践形式で取り組めるので、長く楽しめる本です。
節約や貯金の目的を作るためのお金の考え方などの練習にも、最高の1冊です。

もし目的がない場合は?

人によっては、節約をする目的も、お金を貯める目的もない場合があると思います。
もし目的が何もない場合は、「将来の自分に投資をする」ことを目的とするのはいかがでしょうか?
お金があれば、お金がない場合よりも、将来的に多くの選択ができます。
本当に欲しいものや必要なもの、やりたいことができたときに、節約や貯金ができていれば、すぐに実行できます。
今すぐ何かを無理やり目的化させる必要もありません
「将来の自分を少しでも楽にするために」と思って、実行するだけでも継続するモチベーションは大きく異なります。

具体的な金額を決める!

目的が決まったら、次に具体的な金額を決めましょう。
「何年でいくら節約や貯金をするのか」を可視化します。
例えば、1年で100万円を貯めるとした場合の1ヶ月の目標金額は、100万円÷12ヶ月=8,333円となります。
同様に1日の目標金額は、100万円÷365日=2,740円となります。
このように金額の設定をすれば、達成のために頑張る意識が強くなります。
もし目的が定まってない人は、給料収入の2割を目指してみてください。
目的を達成した時の達成感はすごいですよ。

(関連記事:お金を貯めるコツ!手取り収入の2割を貯金する理由と方法とは?

たまに振り返ろう!

長期間の節約生活や貯金生活を送っていると、無意識に節約や貯金が目的になってしまうことがあります。
その時には必ず振り返り、初心に帰りましょう。

「あなたは何のために節約をして、何のために貯金をしているのですか?」

この一言の自問自答だけで良いです。
それぞれ、何か設定されている目的があるはずです。
「旅行に行きたい!」「高級料理店に行きたい!」など目的は様々でしょう。
しかしその目的こそが、節約や貯金を成功させる原点となるので、長期間取り組むほど、振り返りを大切にしてください。

また、やめたい気持ちやしんどい気持ちが出てきた時も同様です。
初心に帰ってください。
設定した目的を思い出して、達成できた時のことを想像してみましょう。

まとめ

今回は、節約や貯金において「目的」の大切さと取り組み方法について、ご紹介しました。
節約も貯金も、目的化することはよくありません。
節約と貯金は、あくまで目的達成のための手段のひとつです。
「お金を使わないこと」にとらわれてしまいます。
お金を使うことは悪いことではありません。
むしろポジティブに考えていくべきです。
問題はお金の使い方であり、どのような目的をもっているかがポイントです。

節約や貯金は、我慢ばかりをするものではありません。
無駄を省きながら、いかに楽しく過ごせるかが重要です。
「節約と貯金を楽しむ」「何が必要で、何が必要ないか」を意識すると、良い結果がついてくるでしょう。


「ハピタス」
買い物をする際には、この高還元率ポイントサイト《ハピタス》を経由するだけで、ポイントがゲットできます。
上手に買い物をすると、ポイントの二重取りも可能です。
節約と貯金を楽しむためにも、このようなポイントサイトも上手に活用しましょう。

〇一緒に読みたい記事

コメント