時間を節約するために見直したい7つの無駄な習慣とは?

タイトル画像 生活時短術

日々の生活の中で「時間が足りない!」と思ったことはありませんか?
特に、仕事や家事などに追われている人は、1分でも1秒でも惜しく思う人もいます。
実際に、時間は無限ではなく有限です。
無駄な習慣により浪費している時間があるのであれば、その無駄な習慣をなくすことで、少しでも毎日が有意義に過ごせるようになります。
では、どのような無駄な習慣を見直せば良いのでしょうか?
今回は、時間を節約するために見直したい7つの無駄な習慣について、ご紹介します。

時間の無駄遣いをやめたい人が見直すべき習慣!

節約しない画像

誰もが「時間がもっとあれば良いのに!」と思ったことがあると思いますが、時間は無限ではなく有限です。
その時間を上手に活用するためには、時間の無駄遣いをなくしていくしかありません。
時間の無駄遣いのために見直すべき習慣を、事例別で確認していきましょう。

スマートフォンの使い過ぎ!

あなたはスマートフォンをどれくらいの頻度で触っていますか
現代病とも言われている「スマホ依存症」は、若者だけではなく、子どもから大人まで陥る可能性があるものです。
SNSのチェック、スマホアプリやネットサーフィンなど、スマートフォンに依存しているとしても、まずは、多くの時間を無駄にしていることを自覚しましょう。

あくまでスマートフォンは、通信手段のひとつです。
とても便利なものなので触ってしまいがちですが、通信手段のひとつでしかないという考え方が出来れば、それほど依存することもありません。
スマートフォンを使っている時間を別のことで使えるとしてみてください。
普段から「時間がない!」と言っている人も、もしかしたら解決するかもしれません。
例えば、本を読んで英語の勉強をしたりなどの自分磨きに励むことができます。


スキマ時間でちょっとリッチに。|マクロミル

もし、どうしても隙間時間でスマートフォンを触る以外にすることがない場合は、マクロミルというアンケートサイトでお小遣い稼ぎをするのも良いでしょう。
1日5分も触れば、1ヶ月で1,000円以上は貯めることが可能ですよ。

全てを完璧にこなす!

仕事も家事も何もかも完璧にこなそうとすれば、かなりの時間がかかってしまいます。
仕事においても、何度もチェックしたり丁寧にひとつずつ仕事をすれば、その分ミスは減りますが、時間がかかります。
もちろんミスをなくすことは大切ですが、仕事の効率を考えた場合、ミスが出たとしてもその後に修正する対応の方が、仕事も早く終わることがあります。
家事も同様で、完璧にこなしたとしても、気付いてくれなければストレスが溜まるだけです。

仕事が早くなる!ダンドリ&整理術 「時間管理」「タスク管理」「資料類の整理」をレベル [ 日本能率協会マネジメントセンター ]

価格:1,296円
(2019/3/31 00:43時点)
感想(1件)

そのため、仕事も家事も何もかもを完璧にこなすことももちろん大切ですが、少しの手抜きと時間の余裕も重要です。
時間の余裕を作って、その分を自分の時間に使えば、より有意義な日々を過ごせるでしょう。

人に任せることができない!

前のお話の続きになりますが、何でも自分でやろうとする完璧主義な人は、自分で仕事を増やす原因を作っています。
仕事を人に任すことができないため、自分ですべてやる必要があります。
その結果、時間を無駄にしています。
自分が苦手なことは得意な人に任せるべきです。
そのかわり、自分が得意なことを代わりにすることで、お互いに時間を有効に使うことができます。
苦手な分野は、その分野が得意な人に積極的に任せてみましょう

毎日何となくのスケジュールで過ごしている!

あなたは毎日の生活のルーティーンはありますか?
日常的な生活の中で、何かを行動する度に決断をし、体力と時間を使うことはもったいないです。
ある程度ルーティーン化することによって、いちいち決断する必要もなく、即断で行動することができます。

例えば、服装選びにおいても、「大事な時にはこの服装!」「用事がないときはこの服装!」など、あらかじめ決めておけば、非常に楽ですし、時間も無駄に使いません
また、朝起きて家を出るまでや寝る前などの行動を決め事としてルーティーン化することで、時間管理がとてもしやすくなります。
なんとなく過ごすのではなく、ある程度のことはルーティーン化してしまいましょう。

「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア 人生を浪費しないための超時間管理術 [ 野間健司 ]

価格:1,620円
(2019/3/31 00:43時点)
感想(0件)

更に、ひとつのポイントとして、最初に決めたこと以上のことはやらないことです。
この考え方が出来れば、余計なことをしないため、無駄なエネルギーと時間を消費することがありません。
また、時間と心に余裕が出来るため、もしもの対応ができますよ。

二次会に行ってしまう!

会社などの飲み会の二次会は、時間もお金も非常に無駄なものです。
「二次会に行かないと付き合いが悪いかな?」と思う人もいるかと思います。
しかし、飲み会の二次会は、だいたいある程度お酒が入った後なので、誰もそこまで気にしていないものです。
また、一次会の時に「今日は9時過ぎには帰ります。」などとあらかじめ伝えておけば、失礼もありません。
更に、お酒が弱い人にとっては、翌日の生活にも悪影響が出ます。
二次会は時間もお金も無駄にします
そのことはしっかり理解しておきましょう。



◯一緒に読みたい記事

人の悪口や噂話を言ってしまう!

人の悪口や噂話を言うことは、時間の節約以前にあまり良いことではないので、やめましょう
どれだけ悪口や噂話を話したとしても、何も自分にとってメリットはありません
ただの時間の無駄遣いなだけです。
更に、人としても、周りの人から「悪口や噂話を言う人」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。
そのため、自分にとって何一つ得られるものがないのです。
また、悪口や噂話は、聞かされている側も良い気分はしません。
自分の大切な時間を使ってまでするようなことなのかどうかを改めて考えてから、行動や発言をするようにしましょう。

悩み事を深く考えてしまう!

仕事や家庭などでのミスや嫌なことがあったときには、いろいろと考えてしまいます。

「相手に迷惑がかかっていないか?」
「何でミスをしてしまったのか?」
「相手が起こっていたらどうしよう?」

このようなことを考えてしまうかもしれませんが、考えていても終わりはありません
次にどのように行動するべきかを考えるのであれば良いですが、いつまでも考えているのは時間の無駄です。
いつまでも悩んで答えが出ないくらいであれば、悩まずに次の行動に移した方が良いです。
「同じミスをしないためにどうするか?」と動き出してみましょう。

まとめ

ステップアップ画像

今回は、時間を節約するために見直したい7つの無駄な習慣について、ご紹介しました。
1日の時間は無限ではなく、有限です。
その中でどのように過ごすかをしっかり意識して過ごすことで、後悔のない時間の使い方をできます。
また、時間の無駄遣いをなくすことで「時間がない!」と言う人も、有意義な時間を過ごすことができるでしょう。
今の生活の中で時間の無駄が多いなと感じているのであれば、意識的に無駄をなくしていくようにしてみてはいかがでしょうか?



◯一緒に読みたい記事

コメント