2019年こそお金を貯めるために年末年始でやるべきこととは?

タイトル画像 お金のこと

2018年ももう終わりですね。
仕事も年末年始休みの人がほとんどだと思います。
そんな中で、2019年のことを考えている人もいるのではないでしょうか?
年末年始に「2019年こそはお金を貯めたい!」と思った人もいると思います。

年末年始休みこそ、お金が貯まる仕組みを作れる大きなチャンスです。
今回は、お金を貯めるために年末年始休みにすべきことをご紹介します。

2018年はどうだったか?

まずは振り返るところからしっかり始めてみましょう。
固定費、変動費や急な出費などを見つめ直すことで、何が必要のない出費だったかがわかります。
取り組むこととしては、「家計簿をつける、整理する」というものではありません。
思いつくものをメモやノートに書いていくだけで大丈夫です。

今回振り返るにあたり、根本的な考え方は「本当に必要な出費だったか?」がポイントです。
大きな出費を中心に振り返ってみましょう。

財布の整理から始める!

まずは、財布の中身を整理しましょう。

  • ポイントカードやスタンプカードだらけになっていませんか?
  • たくさんのレシートで溢れていませんか?

財布の中身を、必要なものと不要なもので整理しましょう。
財布をスマートにすることで、スッキリ新年を迎える準備をします。

1週間の行動を振り返る!

この1週間の行動と出費を振り返ってみてください。
習慣として使っているお金を考え直します。

例えば、コンビニでペットボトル飲料や缶コーヒーを買う、仕事帰りに外食する、書店で立ち読みしていた雑誌をそのまま買うなどがあると思います。
日々の中で少しずつなくなっていくお金が「本当に必要な出費だったか?」を検証します。
もしその中に必要のない出費があれば、2019年からは節約できるひとつのテーマになるでしょう。

必ずしも全てを削る必要はありません。
「気付いて、意識できる!」ということが、振り返りにおいては一番大切なポイントとなります。
いきなり1ヶ月単位や1年単位で振り返るのは大変です。
まずは身近な1週間を振り返ることで、日常生活の中にある節約ポイントを探しましょう。

クレジットカード明細書と銀行通帳を振り返る!

クレジットカードの明細書や銀行通帳を眺めてみましょう。

「これ何の支出だったかな?」
「何でこんなことに使っていたんだろう?」
「これ、いらない支出だな。」

クレジットカードの明細書や銀行通帳からは様々な発見があります。
スケジュール帳と一緒に見ることで、何の時に使ったのかという整理もできます。
クレジットカード決済は現金を持たなくても簡単に買い物が出来てしまう利便性があるため、ついつい買い物をしてしまうことがあります。
その買い物を見つめ直すことが、2019年のクレジットカードの使い方の見直しにも繋がるでしょう。

(関連記事:今更聞けない!キャッシュレス決済の支払い方法とは?

新しく買ったものや始めたことを振り返る!

2018年に新しく買ったものや新しく始めたことに注目してみてください。
衣類の買い物、新しい習い事、有料アプリや電子書籍の定期購読など、何でも良いです。
勢いで購入しているものがもしあれば、今後どうするかを検証しましょう。

  • 勢いで買ったけど使わなかった服やカバン、靴などはありませんか?
  • 年末の大掃除で、全く使わなかったけれど処分したものはありませんか?
  • 買ったものの読んでいない本はありませんか?

出費でも、大きく2つのパターンがあります。

  • 必要だったもの
  • 無駄だったもの

何が必要で何が不要かが、なんとなく見えてくるはずです。

「何のためにやっているのか?」
「何で買っているのか?」

そして、何で買ってしまったか?何で始めてしまったか?の原因も考えましょう。
「思わず…」というものがあれば、2019年は気をつけるように心がけましょう。

ポイント!

改めて「本当に必要な出費だったか?」と自問自答してみてください。
それで心の中で「必要!」と即答できないものは、だいたい必要ありません。
2019年こそ買わないように気をつけよう!と心に思うことが大切です。

2019年はどんな予定か?

まずは想定している大きいイベントを考えてください。
例えば友人の結婚式、引っ越し、リフォーム、子どもの教育費、車検などの車関係など、様々あると思います。

また、2019年10月には消費税の増税も控えています。
消費税が8%から10%に上がると、月々10万円の出費がある方は単純に計算しても月々2,000円程度の出費が増えます。

新しく習い事を始めることや新聞などの契約をするなど、毎月定期的に出ていく固定費にも注意が必要です。
月々10,000円かかれば、年間で120,000円の出費が増えることになります。

年末年始の時点で旅行などが決まっているときは工夫ができます。
早めに計画を立てて早割を活用すれば、お金が少しでも安く済みます。
2019年のゴールデンウィークは10連休の方も多く、長期的な休みを利用して旅行に行こうと考えている人も多いと思います。
ゴールデンウィーク、お盆休みや年末年始など、旅行に行くタイミングでは、積極的に早割の活用を考えてみてください。
高額な出費を上手に抑えることができると、お金が貯めやすいです。

先取り貯蓄も選択肢に!

毎月の貯める習慣をつける計画も立ててみましょう。
お金を貯めるための基本は、先取り貯蓄です。
お金が入ったタイミングで、先に貯める仕組みを作れるかどうかです。
財形貯蓄や積立定期などの仕組みがありますので、上手に活用しましょう。
強制的に貯蓄に回す仕組みを活用して、生活を見つめ直してみる方法もひとつです。

ボーナスも全部使うのではなく、「半分は貯める!」などと、あらかじめ決めておくだけでも大きな貯金になりますよね。
普段「ボーナスは使うもの!」と意識されている方は、2019年だけは我慢してみるのもひとつの方法だと思います。

(参考記事:まずは100万円貯蓄!目標を達成するためには?

まとめ

買い物などをする際の「本当に必要なものかどうか?」という考え方は、節約や貯金をするためには絶対に必要なものです。
まずは、年末年始に2018年の出費を振り返ることで、無駄な出費を把握し、自覚しましょう
その上で、2019年をどう過ごすか決めていきましょう。
日頃から見直しを行う習慣をつけておけば、より大きな節約や貯金にも繋がります。
まずは1週間毎でも良いので、挑戦してみてはいかがでしょうか?
2019年はお金が貯まる人になる計画を是非立ててみてください。


少しでもお金を貯めるために、隙間時間を活用する方法も考えられます。
私はこちらの「マクロミル」を活用して、月に500円~1,000円分のポイントを貯めています。
特にたくさんメールが来ることもなく、やりたい時にだけできるので便利です。
電車移動などの隙間時間がある人は是非ちょっとしたお小遣い稼ぎでもしてみてはいかがでしょうか。

コメント