引っ越し費用を節約するための抑えておくべき5つのポイントとは?

タイトル画像 節約生活

就職、進学や結婚などのタイミングで、引っ越しをすることが多いです。
引っ越しは、何かとお金がかかるイメージがある人も多いでしょう。
しかし、引っ越しにはお金がかかる中でも様々な節約ポイントがあります
誰もが出来るだけ安く引っ越しをして、新生活の充実にお金を回したいと思いますよね。
では、どうすれば良いでしょうか?
今回は、絶対に知っておきたい引っ越し費用の節約ポイントについて、ご紹介します。

引っ越し費用節約の5つのポイント!

引越し画像

引っ越しをする時期!

何月が一番安いのか?

引っ越し費用の節約において、引っ越しをする時期はかなり重要となります。
最も安い時期は、単身者で9月、11月、12月、家族やカップルでは1月と11月と言われています。
また、最も高い時期は、単身者、家族やカップルともに3月です。
引っ越し業者の繁忙期より閑散期が、安く済ますことができる時期です。

基本的に引っ越しのピークは、3月から5月、また、8月の夏休みの長期休みを使っての引っ越しも多いです。
しかし、それ以外の月は基本的に安くなっています。
特に9月と3月では非常に金額差も大きくなる傾向にありますね。
実際に比較すると、全く同じ引っ越しであっても、2、3万円の値段差がでる場合もあるでしょう。
このように、時期を選ぶことは重要なポイントだということを理解しておいてください。

同じ月でもタイミングで費用が異なる!

同じ月でも月初と月末では、引っ越し費用が異なります。
理由としては、月末に引っ越し需要が高まるため、月初の方が安く済みます
更に、平日と休日でも引っ越し費用が異なります。
こちらの理由も、休日に引っ越し需要が高まるため、平日の方が安く済みます

引っ越しをする時間帯!

意外と盲点で知られていないのは、引っ越しをする時間帯です。
時間帯によっても、大きく金額に差が生まれます。
10時以前の早朝や18時以降の夜は、対応している業者が少ないため、必然的に値段はかなり上がります
需要としては、朝一に引っ越しを済ませてしまい、午後からは整理などの別作業をする人が多いようです。
特に整理などを急がない場合であれば、引っ越しは午後にするのが一番安く済むでしょう。

また、引っ越し業者にもよりますが、時間帯フリー便というものも存在します。
要は、引っ越し業者に対して、引っ越しをする時間帯を指定しないものです。
日にちだけを設定して、どの時間帯に来るかは引っ越し業者にお任せするものです。
私も実際引っ越しをする時には、このプランが一番安いと言われました。
値段比較で言えば、私の場合は午前の時間指定時よりも4,000円安くなっていました。
引っ越しをする時期などに応じて変動はあると思いますが、時間帯にこだわりがなければ、フリー便があるかどうかも引っ越し業者に聞いてみてください。

引っ越しをする距離!

引越しイメージ画像

引っ越しをする距離によっても、引っ越し費用の計算方法が異なります。
遠くの引っ越しであるほど、引っ越し費用は必ず高くなります。
もし長距離の引っ越しであれば、長距離の引っ越しに特化した専門の業者を選んで、費用を抑えるようにしましょう。
ご参考までに、移動距離に応じた計算方法は、下記のとおりです。

時間制 移動時間が「4時間」または「8時間」の2パターンで設定される。
1時間超過するごとに、追加料金が加算される。
距離制 移動距離によって異なる。
移動距離が遠くなるほど、高くなる。

引っ越しをする荷物の量!

引っ越しをする際は、荷物が少ない方がもちろん安くなります
運送用のトラックが大きければ大きいほど、引っ越し費用が高くなります。
また、トラックの台数が増えても同様に高くなります
人件費が1台分余分にかかるためです。
人が多ければ多いほど、もちろん引っ越し費用も高くなりますよ。
もし、古い家電などの大きな備品は、思い切って手離して買い換えることも選択肢に入れてみてください。
荷物の量を減らして浮いたお金で、新しい家電などの資金にしても良いかもしれませんね。


全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

また、大きな備品がなければ、友達に手伝ってもらったり、レンタカーで大きい車を借りた方が安くなることもあるので、大きい家電や家具がなければ、検討しても良いかもしれませんね。

引っ越しの荷造りと荷解き!

引っ越しの荷造りと荷解きは、極力自分で済ませましょう
引っ越し業者にお願いすることももちろんできますが、費用が発生します。
自分で出来ることは自分でやるようにして、費用を少しでも安くしましょう。
家財道具が多い場合や時間がない場合は、無理に自分でやらずに、引っ越し業者に頼りましょうね。

ダンボール 段ボール 120サイズ No.251 10枚 (450×340×330) 中新強化 K5 取手付 A3 ダンボール 引越し 引っ越し 段ボール ダンボール箱 段ボール箱 ポイント消化 送料無料 宅配 収納

価格:1,728円
(2019/2/13 21:03時点)
感想(590件)

引越し用の段ボールも事前に準備しておけば、よりスムーズに荷造りができるでしょう。
引越し業者から見積もりの際にもらえることもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

引越しをするまでの時間!

引っ越しは、なるべく早く決めた方が安く済みます。
見積もりを早めに取り、引っ越し日も決めてしまいます
早割というわけではありませんが、ギリギリのタイミングで見積もりを取って引っ越しするよりかは、安く済む可能性が高いです。
特に繁忙期となる3月あたりは、余裕を持って見積もりを取り、引っ越し日も早々に決めてしまった方が良いですね。

引っ越し業者の探し方!

引越し画像

一括見積もりを取りましょう!

確実に費用を節約するためには、引っ越し業者の選択がかなり重要なポイントとなります。
そのため、1社だけの見積もりを取らずに、必ず複数業社の費用の見積もりを取って、比較しましょう。
手軽に比較するのであれば、一括見積もりサービスの利用が一番楽です。
もしくは、1社ずつ問い合わせて見積もりをもらう方法もありますが、時間と手間がかかるため、あまりおススメはしません。
いずれの場合でも料金だけで決めずに、引っ越し業者のサービス内容や評判などもチェックすることもひとつポイントとなります。


この日に引越したい…でもいくらになるの?
好きな日の料金をまとめて比較!
引越し侍の予約サービス

引っ越し業者は、大手の引っ越し業者よりも中小規模の引っ越し業者の方が、引越し費用が安くなる傾向にあります。
大手の引っ越し業者は、信頼度が高く、ノウハウも豊富なため作業も効率的ですが、中小規模の引っ越し業者でも優良業者はたくさんありますので、前向きに検討してみましょう。

安さばかりに気を取られないこと!

引っ越し費用は安くて良いのですが、安さばかりに目を向けてしまうと、他の面で弊害が出てしまうかもしれません。
例えばフリー便にすると、引っ越し業者が来るタイミングがわかるのは前日などのギリギリです。
そのため、効率よくスケジュールを組んで作業が進みません。

また、夕方に引っ越しをすると、引っ越し後いきなりガスが使えるわけではないので、お風呂や料理が出来ません。
ガス会社の立会いが夜に対応してもらえれば良いですが、あまりそのような対応はしてくれないと思います。
インターネットの開通も同様です。
引っ越し直後の生活もきちんと考慮した上で、引っ越しする日時を確定させるようにしましょう。

オプションサービスの活用!

引っ越し業者にもよりますが、ほとんどの引越し業者はオプションサービスを用意しています。
オプションサービスを利用することで、引っ越し費用が高額になることもあります。
必要のないものは省いて、必要なものだけを使うようにしましょう。

  • エアコンや洗濯機の移設
  • 荷造りと荷解き代行
  • 不用品の買取
  • ハウスクリーニング など

ハウスクリーニングは、賃貸であれば当初の契約内に含まれていることが多いです。
また、荷造りと荷解きは自分で頑張ることが出来れば、間違いなく必要のないオプションです。
エアコンや洗濯機はどうしようもないと思うので、活用すべきでしょう。

その他引っ越し関係の節約ポイント!

家とお金の画像

退去費用は少しでも減らしたい!

引っ越しの際に高額になる可能性を秘めているのが、退去費用です。
退去をする時には、基本的に「原状回復」を求められます。
ほとんどの人は入居時に敷金を払っていますが、退去時に部屋の修繕費などが発生すると、この敷金から引かれてしまいます。
また、敷金でも足らなければ、費用負担を求められます。
そのため、退去費用をいかに抑えることができるかどうかも、引っ越し費用の節約においては重要となります。
細かい傷は経年劣化としてオーナー負担になることもありますが、その他については、オーナーと交渉をするなどして、安く済ませてみてはいかがでしょうか?

不用品は捨てるのではなく売る!

引っ越しの際に出た不用品は、買取業者やフリマアプリなどを通じて売れば、引っ越し費用に充てることができます。
新居まで持って行って売るくらいであれば、引っ越し費用を少しでも節約するために、先に売ってしまいましょう。
捨てるはずのものがお金になるほど、嬉しい話はないですよね。

荷物をしっかり把握して時間の節約へ!

引っ越しをする時には、大量の段ボール箱が出来ます。
要は、どの段ボールに何が入っているのかをきちんと把握しましょうということです。
段ボールの側面に、①何が入っているか、②すぐに必要なものかどうか、を書いておくだけで、荷解きする時が非常に楽になりますよ。
ここをしっかり準備しておくだけで、引っ越し後の時間の節約になります。

早めに引越し業者を手配することが一番の節約方法!

ここまで、引っ越し費用を節約するためのポイントを紹介しました。
基本的に引っ越し費用を節約するためのコツは、早めの準備です。
早く引越し業者を手配するだけでも、大きく引越しにかかる費用は節約できますよ。
どうしても短期間で引越しをしないといけない場合はやむを得ませんが、時間にゆとりがある場合は、早すぎるくらいでちょうど良いでしょう。

まとめ

締めの画像

今回は、絶対に知っておきたい引っ越し費用の節約ポイントについて、ご紹介しました。
引越し費用は高額なお金が発生するので、少しでも節約したい部分です。
まずは一括見積サービスを活用して、どれくらいのお金がかかるのかを必ず確認しましょう。
1社だけで決めてしまわないように、気を付けてくださいね。
その後は、なるべく速やかに引越しをする日を決めて、手続きを済ませてしまうことが、一番の節約となります。
ギリギリまで悩むことも大切ですが、スピード感も節約には影響することを念頭に置いておきましょう。
お金を少しでも節約して、より心地の良い新生活となることをお祈りいたします。


この日に引越したい…でもいくらになるの?
好きな日の料金をまとめて比較!
引越し侍の予約サービス

〇一緒に読みたい記事

コメント