宝くじネット販売解禁!クレジットカードで購入するメリットとデメリットとは?

タイトル画像 お得な暮らし

皆さんは、宝くじを買っていますか?
有名なものであれば、サマージャンボ宝くじや年末ジャンボ宝くじがありますね。
宝くじ売り場では、毎年長蛇の列ができるほど人気ですが、2018年10月末からインターネットでの販売が開始されました。

その中でも注目されていることが、クレジットカードで購入ができるという点です。
実践に私もクレジットカードでの宝くじの購入に挑戦しました。
今回は、宝くじをクレジットカードで購入するメリットとデメリットをについて、ご紹介します。

インターネット販売が解禁!

オンライン買い物画像

インターネット販売が解禁となりました。
逆に、今までがなぜ販売されていなかったのかと言っても良いくらいですね。
では早速どうなったのか確認してみましょう。

いつでも購入が可能となりました!

24時間いつでも宝くじの購入ができます。
並ばずにパソコンやスマートフォンから、いつでもクレジットカードで買えます。

  • ジャンボ宝くじ等の普通くじ
  • ロトシックスやナンバーズなどの数字選択式宝くじ

宝くじの当選番号確認が不要!

今までだと新聞やニュース、公式ホームページから当選番号を確認するか、宝くじ売り場の機械で判別してもらう方法のみでした。
今回インターネット販売が始まったことにより、自動的に当選確認が行われます。
わざわざ当選番号の確認をする必要や、当選番号の確認ミスがなくなりますね。

受け取り忘れをしなくなる!

購入した宝くじの抽せん結果も、今まで通り宝くじ公式サイトで簡単に確認できます。
インターネット販売で購入した場合は、当選金は登録した口座に自動で振り込まれます
換金し忘れ防止にも繋がるので良いですね。
私も300円の換金し忘れを、過去に何度もしているので助かりますね。

継続購入による買い忘れ防止機能もある!

指定した購入期間や購入頻度で宝くじの継続購入ができます。
また、発売開始日前に、ジャンボ宝くじ等の普通くじの予約購入ができます。
いつも購入している宝くじがあれば、とても便利な機能ですね。

「宝くじポイント」が貯まる!

インターネット販売で宝くじを購入すると、100円につき1ポイントの「宝くじポイント」が獲得できます。
獲得した宝くじポイントは1ポイント1円として、インターネット販売での宝くじの購入に利用できます。
たくさん購入する方や毎年宝くじを購入する方はすぐにポイントが貯まるので、宝くじポイントで宝くじを買えますね。

【実践!】クレジットカードで宝くじを買ってみました!

モノは試しだ!ということで、インターネット販売よりクレジットカードで購入してみました。
結論から言えば、宝くじ売り場まで行って並ぶ手間を考えるとかなり楽です。
スマートフォン片手に、空き時間でできました。

「宝くじ公式サイト」の会員登録!

宝くじ公式サイトの会員登録を行います。
必要な登録情報は、下記のとおりです。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • ニックネーム
  • クレジットカード情報
  • 当選金振込口座情報
  • メールアドレス
  • パスワード

情報を入力すれば、会員登録は完了です。
これでいつでも購入できる状態になります。

「年末ジャンボ宝くじ」を買ってみる!

購入画面1

実際の年末ジャンボ宝くじの購入画面です。
通常の連番やバラの他に、「福連100」「福バラ100」「3連バラ」のセット販売もありますね。

「福連100」は、1セット100枚単位で購入できます。組は10種類で、各組の番号の下2ケタを「00~99」でそろえた購入方法です。1等・前後賞の当せんと下2ケタの当せんを期待できます。
※ジャンボプチには、1等・前後賞はございません。

「福バラ100」は、1セット100枚単位で購入できます。組は100種類で、各組の番号の下2ケタを「00~99」でそろえた購入方法です。1枚ずつ当せんを確認する楽しみがあります。
※年末ジャンボ宝くじの組は01~200組であり、200種類の中から各組の番号の下2ケタを「00~99」で100種類そろえた購入方法です。

「3連バラ」は、1セット30枚単位で購入できます。バラ10枚のそれぞれの組・番号が3枚連続となる購入方法です。バラでも1等・前後賞の当せんを期待できます。
※ジャンボプチには、1等・前後賞はございません。
※まれに3枚連番になっていない場合があります。

(引用元:宝くじ公式サイト)

私はバラを1セット(3,000円)購入しました。
セット販売にも興味がありましたが、お試し気分でバラのみです。

購入画面2

宝くじポイントを、30ポイント獲得できました。
100円で1ポイント獲得できるので、先ほどの「福連100」、「福バラ100」を購入すれば、30,000円だから300ポイントの宝くじポイントが獲得できるので、更に1枚をポイントで購入できますね。

購入画面3お支払い内容を確認すれば、購入完了です。
当選結果は登録したメールアドレス宛にも、また連絡が来るそうです。

抽選結果待ちを確認できる!

購入画面4

マイページでは、「抽選待ち」状況や「結果の未確認」状況が把握できます。
この機能は非常に便利ですね。
ここまで管理してくれると、より宝くじを身近に感じることができますね。

クレジットカードで購入のメリット

OK画像

では、インターネット販売でクレジットカードで購入して感じたメリットについてご紹介します。

クレジットカードのポイントが貯まる!

何と言っても一番のメリットは、クレジットカードのポイント獲得ですね。
現金払いしかない頃は諦めていましたが、クレジットカード払いができるとなるとポイント付与は嬉しいものです。
クレジットカード会社にもよりますが、基本的には1%ほどポイントが獲得できます。
宝くじポイントと併せると2%近くポイントを獲得できる考えです。

宝くじ売り場に行って並ぶ必要なし!

「サマージャンボ宝くじ」であれば、暑い夏空の中で並んで待ちます。
「年末ジャンボ宝くじ」であれば、寒い冬空の中で並んで待ちます。
無理せず自宅や隙間時間で、気楽に購入できることが良いですね。
「時は金なり」という言葉があるように、時間を無駄にせずに購入できることはとても便利です。

クレジットカードで購入のデメリット

節約しない画像

次にデメリットについてご紹介します。
今回の年末ジャンボ宝くじから開始なので、今後更に改善されていくことに期待しています。

利用できるクレジットカードが限られている!

現在は利用できるクレジットカード会社が9社のみです。

  • ライフカード
  • クレディセゾン
  • イオンカード
  • UCカード
  • JCBカード
  • TS3カード
  • オリコカード
  • エポスカード
  • 三菱UFJニコス

三井住友VISAカード、楽天カードやヤフーカード等は使えません。
私も楽天カードユーザーなので驚きました。
今回は保有していたイオンカードで購入しました。
使えるクレジットカードが今後拡大していくことを願いますね。

番号を指定することができない!

今まで番号を指定していた人は、引き続き宝くじ売り場へ行く必要があります。
購入するにあたり、番号を指定できるような画面移動がありませんでした。
今後、番号の指定ができるようになれば良いなと期待しています。

ドキドキ感やワクワク感がなくなる!

自動的に当選確認が行われるので、当選番号確認のドキドキ感やワクワク感はなくなりますね。
新聞やニュースを手元の宝くじと照らし合わせて眺める時間が楽しみのひとつでもあるので、その時間が利便性が良くなったことでなくなります。
当選番号の確認ミスや見落としはなくなりますが、ドキドキ感やワクワク感もなくなってしまいそうです。

まとめ

お金画像

今回は、宝くじをクレジットカードで購入するメリットとデメリットをについて、ご紹介しました。
2018年10月末から、インターネットでの宝くじの販売が開始されました。
その中でも注目されていることが、クレジットカードで購入ができるという点です。

結論としては、クレジットカードでの購入にメリットを感じなければ、今まで通り、宝くじ売り場に買いに行けば良いです。
インターネット販売が今後更に普及すれば、宝くじ売り場の行列も減っているかもしれませんしね。
今後、キャッシュレス決済が普及すればするほど、宝くじをインターネットで買う人が増えていくのだろうなと思います。
是非皆さんも、一度挑戦してみてくださいね。

「イオンクレジットサービス」
キャッシュカードとクレジットカード、電子マネーWAONが1枚になった、とても便利なカードです。
特にイオン系列の買い物を使わないとしても、1枚持っておいて損はないでしょう。

〇一緒に読みたい記事

コメント