節約のために家計簿を書き続けるべき理由とコツとは?

タイトル画像 節約生活

あなたはなぜ家計簿をつけるべきかご存知ですか?
家計簿をつけることは、お金の流れを把握するということです。
節約をするためには、お金の流れを把握することが非常に大切です。
でも実際、家計簿って長続きしませんよね?
一生懸命マメに作業をしていても、いつの間にか、断念してしまう場合がほとんどです。
節約するために、続けたい人も多いでしょう。
では、家計簿を続けるためにはどうすれば良いでしょうか?
今回は、家計簿を書き続けるべき理由とコツについて、ご紹介します。

家計簿をつける意味とは?

お金の流れと収支がわかる!

家計簿をつけることにより、お金の流れがわかります
お金の流れとは、「お金がいくら入ってきていくら出ていったか」です。
お金の流れを把握することで、節約や貯金に繋がっていきます
家計簿のつけ方は様々ですが、可視化することで誰でもわかりやすくお金の流れを把握することができます。
お金の流れを把握していない人は、今月いくら使って、いくら貯金に回して、いくら残ったかなんてわかりません。
まずはお金の流れをしっかり把握するために、家計簿をつける意味があります。

無駄な支出を把握できる!

家計簿をつけることで、支出の全体像が見えてきます。
どの費目でどれくらいの支出があるのかが可視化されます。
そこから、「どの費目に支出が偏っているのか?無駄があるのか?」を視覚的に確認できます。
特に、「頭では節約や貯金について理解しているけど、実行に移せていない!」という人に対して、家計簿をつけてほしい理由はここにあります。
お金の流れを見える化し、お金の流れを把握でき、収支がわかり、無駄に気付くということです。

(関連記事:無駄なものを整理して節約に繋げるための方法とは?

固定費

固定費は、毎月ほとんど金額が変わらず支払いが生じるものです。
固定費の見直しは、節約や貯金には欠かせません。

  • 住居費:家賃や住宅ローンの見直し
  • 通信費:格安スマホ・格安SIMへ
  • 保険料:内容の見直し
  • 水道光熱費:契約と使い方の見直し

家計簿をつけることで、何が必要で何が無駄かわかりやすいのが固定費です。
慣れるまでは、固定費だけで家計簿をつけておいても良いかもしれませんね。

(関連記事:節約初心者が最初に取り組むべき固定費の節約方法とは?

変動費

変動費は、払わない月もあったり、金額もその月によるものです。
主なものとして、食費や日用品費、衣類費などがあります。
変動費については、「本当に必要なものか?」を軸に考えます。

例えば、以下のような考え方です。
「その買い物は本当に必要なものでしょうか?」
「ただ欲しくなったから買っただけではありませんか?」
家計簿をつけながら自問自答することにより、無駄だったかどうかをしっかり考えて、気付くことができます。
変動費の無駄は、一度気付くと次からも意識できるようになりますよ。

(関連記事:まとめ買いは本当にお得なのか?節約効果について整理してみた!

家計を改善する!

あなたは家計簿をつけて満足していませんか?
もし満足してしまっていたら、「家計簿をつけること」が目的となってしまっています。
家計簿を毎日のようにつけて満足しているようでは、無駄な時間です。
あくまで家計簿の一番の目的は、家計を改善させることです。
綺麗に書いて喜んでいるのでは、意味がありません。
家計を改善させることで、節約に取り組み、貯金を増やすことが出来るのです。

お金は、モノやサービスの提供を受ける対価であり、そのモノやサービスが自分に本当に必要かどうかが大切です。
あってもなくても良いものであれば、無駄遣いということです。
この事実は、家計簿をつけないと理解をすることができません。

家計簿を活用して家計を改善させる方法としては、買った動機を考えることも重要です。
つまり、「消費」か「浪費」かを見極めるということです。
消費とは、生活のために必要なものであり、浪費とは、生活に特に必要ではないものです。
この仕分けが出来るようになれば、家計簿をつけて、効果も目に見えて出てくるでしょう。

(関連記事:節約と貯金をするために欠かせない考え方!「消費」と「浪費」と「投資」の違いとは?

家計簿を継続するためにはどうすれば良いか?

綺麗にきっちりとつける必要はない!

家計簿が続かない理由として、「マメに記録できない!」「綺麗に書けない!」などがあります。
しかし、家計簿はマメに書く必要も綺麗に書く必要もありません
あくまで家計簿はお金の流れを把握し、支出の無駄を把握するために実施するものです。
支出の無駄を見つけれるのであれば、綺麗できっちりとした家計簿でなくても問題はありませんよ。

例えば、最初はマメに家計簿をつけて綺麗に書いていたけれど、途中で2,3日つけるのを忘れてしまったような場合、そのままやめてしまう必要はありません。
細かい費目は気にしなくて良いので、大きいお金だけを書いておけばリカバリーができます
綺麗な家計簿じゃなくても良いので、諦めずに書いてみてください。

毎日つける必要もない!

家計簿は、毎日つける必要がありません
「毎日つけないと!」と思っている人は、少し落ち着きましょう。
すぐに家計簿に書かないといけないことは、レシートのない買い物くらいです。
レシートがあるものは、1週間に一度でも大丈夫です。
その日のお金をその日に精算出来れば一番良いですが、慣れないうちは、数日に一度だけでも問題ありませんよ。
まずはしっかりと継続して家計簿をつけることに集中しましょう。

費目を細かく分けない!

家計簿の費目をしっかりつけるに越したことはありませんが、より長く続けるためには細かく分けないという方法もあります。
例えば、極論ではありますが、「食費」「飲み会」「その他」の3つだけにすることも全然問題ありません。
ポイントは、どの費目の無駄をなくしていきたいかです。
その費目だけをしっかりとクローズアップし、無駄を探すことさえ出来れば、家計簿をつけることは成功したと言えるでしょう。

細かいお金の差は気にしない!

家計簿をつけていて、財布や銀行口座の中身と数円合わないことが嫌になって、家計簿を辞めた人もいると思います。
しかし、実際は辞める必要なんて全然ありません。
なぜなら、家計簿と財布をぴったり金額を合わせることが、家計簿の目的ではないからです。
家計簿は、無駄を見つけるための手法です。
もし金額が合わないのが気になるのであれば、「使途不明金」として流しておきましょう。
細かい差は全く気にする必要がありませんよ。
毎月続けていく方がよっぽど大切です。

(関連記事:何に使ったかわからないお金「使途不明金」を減らす5つの方法とは?

自分に合った家計簿のつけ方を探す!

家計簿をつける方法は、人によって様々です。
節約や貯金に成功をしている人の家計簿は、とても参考になるのは事実です。
しかし、その家計簿のつけ方が自分に合っているかは、別の問題です。

例えば、家計簿を買って書く人もいれば、白紙のノートに自分流で書く人もいます。
パソコンの家計簿ソフトを使う人もいれば、エクセルなどで自分流で書く人もいます。
また、最近ではスマートフォンアプリでも簡単に家計簿をつけることができます。

(関連記事:楽に効果的な節約を!簡単に使える家計簿アプリ3選

それぞれ特徴がありますので、どれが一番良いとは、一概に言えるものではありません。
もし家計簿を買うのであれば、少しでもお洒落なものを買うことをお勧めします。
理由は単純で、お洒落なものを買うと頑張ろうという心理も働きやすいと思っているからです。
お洒落な家計簿をきちんと使いこなせている人は、素直にかっこいいなと思いますね。

家計簿 ノート ハウスキーピングブック パヴォ ハイタイド HIGHTIDE 簡単 家計簿

価格:1,728円
(2019/2/6 17:22時点)
感想(814件)

スマートフォンの家計簿アプリであれば、いつでもどこでも家計簿をつけることができるだけでなく、銀行口座やクレジットカードと連動が出来るので、お金の一元管理がしやすいです。
自分に合った家計簿のつけ方を、いろいろと試してみながら行ってみてはいかがでしょうか?

家計簿で変わる感覚!

家計簿をつけ続けると、生活感が変わってきます。
まずは家計簿をつけて、きちんと見直す習慣をつけることで、無駄な買い物などの支出が減ります
例えば、コンビニに入ったとしても、気軽に商品に手を出さなくなってきます。
自然に「この商品は必要かどうか」を考えてしまうためです。

また、予算についても考えるようになります。
「今月は2万円まで!」など、使っても良いお金をしっかりと理解することで、無駄遣い防止に繋がっています。
普段も意識すれば出来ることですが、家計簿をつけ続けていれば、自然と考えているでしょう。

このように、家計簿をつけることにより、お金の流れが把握でき、無駄がわかります
家計簿をつける目的である家計を改善することも、達成しやすい環境が出来るでしょう。

まとめ

今回は、家計簿を書き続けるべき理由とコツについて、ご紹介しました。
家計簿は、お金の流れを視覚的に把握することができ、その結果、無駄な支出が見えてくるものです。
しかし、常にマメに綺麗につけると継続が難しいので、無駄を見つけたい費目に特化して最初は実施すると良いでしょう。

また、家計簿はつけるだけでは意味がありません。
必ず振り返ることで、無駄が何かをしっかりと把握することができます。
より充実した節約生活や貯金生活を実現するためにも、家計簿は必ずつけるようにしましょう。

家計簿 ノート ハウスキーピングブック パヴォ ハイタイド HIGHTIDE 簡単 家計簿

価格:1,728円
(2019/2/6 17:22時点)
感想(814件)

◯一緒に読みたい記事

コメント