楽に効果的な節約を!簡単に使える家計簿アプリ3選

タイトル画像 節約生活

「家計簿つけるのがめんどくさい!」
「家計簿って続かない!」
「何を使うのが便利?」

家計簿を続けるには、マメに記録する習慣をつけないと続きませんよね。
「書き始めたけれど途中で1日飛ばして、いつの間にかやめてしまった!」という方も多いのではないでしょうか。

家計簿をしっかりつけることで、無駄な支出を確認でき、使い過ぎたものや本当に必要なもの以外の金額や削れる金額が見えます。
今回は、スマートフォンの無料で簡単に家計簿をつけることができるアプリを、ご紹介します。

家計簿をつけて節約へ繋げる!

「家計簿」という単語を聞くだけで抵抗感がある人は多いのではないでしょうか?
家計簿をつけるメリットをまずは知りましょう。

  • お金の流れが可視化される!
  • 無駄なお金を把握できる!
  • 節約に繋げる!

お金の流れを可視化することで、何にお金を使っているのか?ということが見えてきます。
まずは「把握すること」が必要ですよね。
何となく分かっていても、いざ可視化された家計簿を見るとお金の考えをしっかりもてるでしょう。

把握ができると「え?こんなものにお金を使っていたの?」と無駄が見えてきます
そして無駄がわかれば、節約に繋げることができますよね。

家計簿をつける真髄はここにあります。
家計簿をつけることが目的ではありません。
家計を改善させることです。

家計簿 ノート ハウスキーピングブック パヴォ ハイタイド HIGHTIDE 簡単 家計簿

価格:1,728円
(2019/1/19 22:55時点)
感想(812件)

家計簿はオシャレなノートを使うと気長に続けることができますよ。
まずは1冊、手元に持ってみてはいかがでしょうか?

おススメ家計簿アプリ3選!

家計簿を購入し記録することも良いですが、私はスマートフォンアプリの使用をおススメします。

なぜなら「時間・場所を選ばずに簡単にできるから」です。

また、家計簿アプリは便利な点がかなり多いです。

  • お金の一元管理ができる!
  • 自動的にグラフ化してくれる!
  • 銀行やクレジットカードとの連動ができる!
  • レシート撮影で自動的に入力できる!
  • 入出金時にはメールでのお知らせがある!

有料会員にならなければ、いずれも無料で使うことができます。
隙間時間にできるので、積極的に使ってみましょう。

家計簿マネーフォワード ME

金融機関や証券会社などのサービスとの連携がとても豊富です。
株式投資やFX、仮想通過などの取引情報も取り込めます。
楽天市場などのネット販売の利用履歴も参照できるため便利です。
利便性の高さが特徴で、人気のあるアプリです。

入力画面はこのような感じです。
1画面で費目選択と金額入力が簡単にできます。
レシート撮影もできますよ。

ホーム画面や家計簿画面などに円グラフを表示したり、前月以前との比較も簡単にできるグラフもあります。
携帯電話分析や支出ランキングなどの分析機能がとても有能で、お金の流れも把握しやすく、分析しやすいです。
しっかり分析し、節約をきちんとしたい人にはとてもおススメします。

家計簿Zaim

大きな特徴は「費目ごとに予算設定ができる」ことです。
予算は1日、1週間、1ヵ月ぞれぞれ設定できるため、節約に非常につなげやすいです。
毎月の食費の予算を設定すると、予算比でどれくらい使えるかなどを一目で見ることができます。
「予算」から管理できることが大きなポイントですね。

入力画面も非常にシンプルです。
レシート撮影機能の性能もとても高いです。
費目は後でも選べるので、とりあえず金額のみを入力しておけば後で修正できます。

クレジットカードや金融機関、証券会社などの情報を連携すると、ある程度は自動的に費目の分類もしてくれます。
サービスとして、特売情報の配信や医療費控除などのお金情報を得ることができるのも特徴です。
特定の費目のみ管理し、節約するのに特化する使い方がおススメです。

Moneytree

特徴は、お金の流れがわかりやすく可視化されていることです。
資産全てではなく、一部の資産管理のみで良いという方にはおススメします。
何にどれくらいお金を使っているかをまとめて表示されるので、食費や交際費での管理をするにはわかりやすく良いのではないでしょうか。

カテゴリを選択すると色が変わるのでわかりやすいです。
クレジットカード、電子マネー、銀行口座残高、証券会社などにある資産が一目で確認できます。
特に可視化に長けているアプリなので、細かい分析が苦手な人には使い勝手が良いです。
便利な機能が、ポイント残高もお金と同じように把握や管理ができることですね。
ポイントの期限切れに対する通知もくるので使い忘れもなく便利です。

【実践】家計簿マネーフォワード MEと家計簿Zaimを使ってみた!

個人資産の管理で「家計簿マネーフォワード ME」を活用!

個人の資産管理で活用しています。

銀行口座やクレジットカード、証券会社などの連携幅が非常に広いので、全体の把握のためにメインで活用しています。
何より分析機能がわかりやすく有能であることが非常に大きなポイントですね。
全体の中での使い過ぎている費目がわかり、改善点が明確になります。

ただここまでの分析機能をフルで活かすためには、全ての費目についてちゃんと入力する必要があるので、ある程度慣れてからの方が良いかと思います。
最初からマメに記録ができる!という方には最初からおススメしますが、家計簿に元々抵抗がある方は別アプリで少し慣れてからの活用をおススメします。

特定の費目管理で「家計簿Zaim」を活用!

2人の食費管理のみに使っています。
予算から家計簿の管理ができるので、特定の費目の管理が非常にしやすいです。

食材の内訳として「食材費」と「外食費」を作成し、①どれだけ食費がかかっているのか、②どれだけ外食しているのかを共同で管理しています。
そして「今月外食多かったから来月は気をつけよう」など話して注意しあっています。
レシート撮影の機能も他アプリより精度が高いように感じています。
自動入力は数字の6と8の読み間違いは稀にありますが、気にならないレベルです。
家計簿アプリ初心者は、このアプリから始めることをおススメします。

続けるためのポイントは?

「つけ忘れても気にしない。」

この一言に尽きます。
マメになり過ぎるとしんどいです。
細かいことは気にしないようにしましょう。
いきなり全費目を記録する必要はありません。
まずは「通信費だけ!」や「食費だけ!」でも良いです。
ひとつの費用をまずはしっかり管理しましょう。
口座やクレジットカード情報を連動させれば、何もせずに管理できたりもします。

まずはひとつの費目だけでも可視化することです。
家計簿の管理で一番難しいのが「食費」と「交際費」です。
頻度も高く、回数も多い分、手間がかかります。
一番良いのは使う度に記録することですが、なかなか難しいと思います。
そのため、まずはレシートをもらえる限りもらっておくことです。
後からでも良いので、ちゃんと入力できる状態にだけはしておきましょう。

家計簿アプリにもそれぞれ特徴があります。
自分にあったアプリを活用するようにしましょう。

まとめ

家計簿をしっかりつけることで、無駄な支出を確認でき、使い過ぎたものや本当に必要なもの以外の金額や削れる金額が見えます。
今回はスマートフォンの無料で簡単に家計簿をつけることができるアプリを3つ紹介しました。
まずは特定の費目からしっかり管理をする練習をしましょう。
その後に、資産全体を管理していきましょう。
自分に合った家計簿アプリを活用して、節約生活に活かしましょう。

〇一緒に読みたい記事

コメント