節約は健康体じゃないと効果が薄い!「健康」と「節約」の密接な関係とは?

タイトル画像 節約生活

節約始める人が、よく「食費を節約する!」と言いますが、そこに「健康」は意識されていますか?
節約をするためには、健康であることが大前提になってきます。
様々な生活費をやりくりする中で節約を考えている人も多いと思いますが、それは健康でいるからこそできることです。
節約によって不健康になってしまえば、元も子もありません。
では、具体的に健康と節約には、どのような関係性があるのでしょうか?
今回は、「健康」と「節約」の密接な関係について、ご紹介します。

「節約」と「健康」はどのような関係なのか?

自由画像

では、「節約」と「健康」はどのような関係性なのでしょうか?
当たり前とも言えることですが、再認識をしてほしいことも含めてご紹介します。

健康な身体があってこその節約!

普通に考えれば、節約と健康は何も関係がないものだと思いますよね。
実際には健康であり続けることが、節約の最低条件となります。

節約と言えば、外食費などの食費の節約や電気、水道やガスなどの水道光熱費、携帯代などの通信費といった無駄遣いを抑えることが基本です。
極端な言い方をすれば、本人のやる気次第でどこまでも抑えることができます。
しかし、節約はあくまでも健康な身体があって初めて取り組めるものです。

不健康による医療費の出費!

不健康になると、医療費などによる出費がかかります。
例えば、病気やケガを負ってしまった場合には、日々の生活費に加えて、更に医療費がかかることになります。
また、大きな病気やケガになるほど、医療費も高額になります。
保険制度があるおかげで自己負担額は3割程で済みますが、医療費の出費は基本的に高めであるため、もし出費が続けば間違いなく家計を圧迫します。

更に、もしも入院することになれば、収入がなくなってしまう可能性もあります。
医療費がかかるのに働けないからお金がないとなれば、節約どころではなく、毎月の生活費が赤字になってしまいます。
「じゃあ病院に行かなければ良い!」と思うかもしれませんが、病院に行かないとより症状が悪化してしまうかもしれません。
このように、健康な時に比べて、不健康になってしまうことでお金も今以上にかかってしまいます。

健康であれば収入を増やすこともできる!

病気やケガをせずに健康な身体であれば、安定した収入を得ることができます。
もちろん、病院に行く必要がないので、医療費が発生することもありません。
また、健康であれば収入を増やしていくこともできます。
仕事では、昇格や昇級による給料アップやボーナスをもらえることもできます。
給料やボーナスは、健康な身体だからこそ得られるものです。
当たり前のようで当たり前ではないです。
健康な身体で節約を行うことが、収入も安定して無駄な出費がない一番良い状態であり、常に意識したいポイントでもあります。

〇一緒に読みたい記事

食費の節約以外の方法で節約をしよう!

外食画像

あなたは健康と節約のどちらを優先させますか?
健康と節約はもちろん両立できます
しかし、今まで以上の節約効果を求めるのであれば、多少健康を犠牲にする人もいるかと思います。
食費の節約を真っ先に取り組む人は、健康を犠牲にしている人です。
私はいつも思うのですが、食費以外に節約できるところはありませんか?

そもそも食費は、人間にとって必要不可欠な出費です。
家族全員が元気に過ごし、働いて収入を得たり、笑顔でいられるのも健康的な食事があって初めて成せることです。
そのため、相当家計が厳しくない限りは、食費はある程度まで削れば良いです。
全然無理をする必要はありません。
節約のために食費を削るのであれば、先に他の固定費などの食費以外の節約を優先しましょう。

〇一緒に読みたい記事

水が健康のキーポイントになる!

水画像

では、健康に過ごすためにはどうすれば良いでしょうか?
健康のひとつのポイントとなるのは、「水」です。
水の飲み方などで健康に良いとされています。
では、その内容について、ご紹介します。

1日2リットルの水を飲むこと!

健康のためには、まず1日2リットル以上の水を飲むようにしましょう。
普段気にせずに飲んでいる水には、体の中の毒素を排出する作用があります。
体の中の毒素は、毎日のストレスや偏った食生活などが原因となり、体内に蓄積されるものです。
毒素を排出せずに放っておくと、どんどん溜まり続けて、健康に様々な悪影響を及ぼすことがあります。
事例としては、下記の通りです。

  • 生活習慣病
  • アレルギー
  • 肩こり
  • 冷え性
  • 免疫低下
  • イライラする
  • 憂鬱になりやすい
  • 肌の老化
  • シミ、しわ、くすみやニキビ など

パッと思いつくだけでも、これだけの悪影響があります。
この体内の毒素を排出するのが水です。
水を1日2リットル以上飲むことで、体の代謝を上げることができます。
体の代謝をあげることにより、崩れていた代謝リズムが整い、体内の毒素を排出することができます。

クリスタルガイザー 500ml 48本 送料無料 CRYSTAL GEYSER 500ml×48本 飲料水 ミネラルウォーター 500ml 送料無料 48本 水 お水 天然水 水 48本入り 24本入り×2ケースセット【並行輸入品】【D】[skeitem] あす楽

価格:2,190円
(2019/3/26 22:30時点)
感想(16932件)

水はまとめ買いで買うのが、一番お得で安いです。
クリスタルガイザー500ml×48本が2,190円であれば、スーパーなどで買うよりも全然お得です。

とりあえず水をたくさん飲めば良いというわけではない!

とりあえず水をたくさん飲めば良いというわけではありません。
水を効果的に飲む方法があります。

  • 常温で飲む
  • 少量を複数回に分けて飲む
  • 有害物質をきちんと除去した水を飲む

まず、水は常温で飲みましょう
冷たい水で飲むのは、体にあまり良くありません。
いきなり冷たい水を飲むと、体に刺激を与えてしまうこともあります。

また、常温の水を一気に飲むのではなく、コップ1杯ずつなどの一日数回に分けて飲むことがポイントです。
そして、飲む水は有害物質などの含まれていないものが良いです。
これは可能な範囲で良いのですが、市販のミネラルウォーターやクリクラなどのウォーターサーバーなどを利用するとなお良いです。


宅配水ならクリクラ
宅配水『12Lボトル無料お試しキャンペーン』実施中! さらに送料無料!

水は健康だけではなく美容にも良い!

水は飲むだけではありません。
料理、歯磨き、洗濯やお風呂などの様々な場面で日常的に使います。
今回、健康として特に注目したいのが、お風呂です。
お風呂は、体の疲れとメンタルをリラックスしてくれます。
また、40度前後のぬるめのお湯に20分ほど浸かることで、血液の循環が良くなり、新陳代謝をあげることもできます。
新陳代謝をあげることで、肌の老廃物を洗い流すことができます。
このように、お風呂もうまく活用すれば、美容にも大きな効果を発揮します。
水で美容に対して大きな効果が発揮できれば、必要以上に美容に関する商品を買うことがなくなるかもしれません。

【送料無料 】CoroCoro9/マッサージ/グローブ/セルライト/除去/肩こり/ボディ/ローラー/コロコロ/ボール/お風呂/ダイエット/健康/美容/癒しグッズ/器具/Reシリーズ/クリア/ギフト

価格:1,980円
(2019/3/26 22:36時点)
感想(0件)

まとめ

まとめ画像

今回は、「健康」と「節約」の密接な関係について、ご紹介しました。
健康な体でいることが、節約にとっては本当に大切なことです。
医療費などの無駄な出費を抑えることができるだけでなく、収入を増やすために活動することもできます。
健康は当たり前のことだと思われがちですが、当たり前ではありません。
少しの食生活の乱れだけでも、すぐに不健康になることもあります。
今回は、ひとつの方法として水の活用を提案しましたが、他にも様々な方法があります。
その中で自分ができることを少しずつでも取り組むことが大切ではないかと思います。

◯一緒に読みたい記事

コメント