さとふる100億円還元キャンペーン!ふるさと納税の寄附金額別にどれくらいお得になるか計算してみた!

タイトル画像 お得な暮らし

今年もあと少しで終わりますが、皆さんはふるさと納税を行いましたか?
ふるさと納税は所得税や住民税を支払っている人の節税対策になります。

先日、QRコード決済サービスのPayPayが10億円あげちゃうキャンペーンを実施して話題になったばかりですが、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」では2018年12月15日から12月31日までの期間で、100億円還元キャンペーンが開始されました。

さとふる」と言えば、テレビCMなどでもよく見かけるサイトですよね。

今回は、「さとふる」の100億円還元キャンペーンでどのくらいお得になるのか、具体的な寄附金額の例を数パターン含めてご紹介します。

「さとふる」とは?

ソフトバンクグループの会社です。
ソフトバンクグループといえば、先日のQRコード決済サービスのPayPayもソフトバンクグループが関係していましたね。

(参考記事:【PayPay入門編】メリット・デメリットと激アツなお得キャンペーンとは?)

年々お礼品の品数も増えているポータルサイト「さとふる」を運営しています。
認知度や利用度は、多数あるふるさと納税ポータルサイトの中でもトップクラスの人気サイトです。
サイト構成も非常にわかりやすいので、初心者にも優しいポータルサイトですよ。
また大手企業が運営しているだけあって、安心に使うことができますね。

「そもそもふるさと納税って?」という方はこちらの記事を参考にしてください。

(参考記事:初心者でも簡単にできる!ふるさと納税でお得な節税対策をしよう!)

100億円還元キャンペーンの内容は?

(画像元:さとふる

キャンペーン期間中に「さとふる」の会員で、「さとふる」にログインの上で寄附した合計金額が5,000円以上の方に、それぞれの寄附金額の3%~最大10%分のAmazonギフト券をプレゼントするものです。

  • 全てのお礼品:寄附金額3%分のAmazonギフト券
  • 対象自治体のお礼品:寄附金額10%分のAmazonギフト券

キャンペーン期間は2018年12月15日(土)から12月31日(月)までです。
さとふる」キャンペーンページ内にも明記されていましたが、もしキャンペーン終了前にプレゼント総額が100億円に達した場合でも、プレゼント金額を追加する可能性があるようです。

注意点としては、2018年12月31日(月)23:59までに支払手続きを完了した寄附が対象となります。
なお、Amazonギフト券の配信は、2019年3月中旬頃のお届けを予定しているそうです。
寄附をしてお礼品以外の還元があるのは嬉しいですね。
ふるさと納税の節税対策だけではなく、お得な暮らしへと繋げていけます。
その他注意点は「さとふる」キャンペーンページをご覧ください。

どれくらいお得になるのか?

まずは、ふるさと納税をした時のお金の流れを整理します。
ポイントとしては、下記のとおりです。

  • 寄附をした総額のうち、自己負担額は2,000円
  • 残りの金額が所得税や住民税から減額される!
  • お礼品は寄附金額の3割相当のものをもらえる!

これだけ覚えておけば、何となくのイメージはしやすいです。

間違えやすいポイントとして、自己負担額は1件の寄附につき2,000円ではなく、寄附をした総額のうち2,000円であることです。

また、所得税や住民税からの減額も上限があります
おおよその数値ですが、上限額は住民税の約2割と言われています。
寄附をして損をしない上限額の計算は、「さとふる」内でも試算できます。
他にも、お住いの自治体の税部局に聞くと、目安の上限額を計算してもらえます。

そして税の減額を受けるためには、確定申告をする必要があります。
しかし数年前から「ワンストップ特例制度」が始まり、手続きが楽にできるケースもあります。
使える制度は使いつつ、よりお得なふるさと納税を実践してみましょう。

(参考記事:確定申告不要!?ふるさと納税をしたら活用すべき「ワンストップ特例制度」とは?

以下は、寄附金額別にお金の考え方をまとめたものです。
簡単なまとめになりますが、ご参考にご覧ください。

総額1万円を寄附する場合

  • 自己負担額:2,000円
  • 所得税や住民税減額:8,000円
  • 自治体からのお礼品:3,000円相当

さとふる」のキャンペーンを適用しない場合でも、10,000円の寄附すれば、税の減額と返礼品で1,000円お得ですね。

さとふる」のキャンペーンを適用する場合は、更に寄附金額の3%分のAmazonギフト券300円分、又は、寄附金額の10%分のAmazonギフト券1,000円分の還元があります。

総額2万円を寄附する場合

  • 自己負担額:2,000円
  • 所得税や住民税減額:18,000円
  • 自治体からのお礼品:6,000円相当

さとふる」のキャンペーンを適用しない場合でも、20,000円の寄附すれば、税の減額と返礼品で4,000円お得ですね。

さとふる」のキャンペーンを適用する場合は、更に寄附金額の3%分のAmazonギフト券600円分、又は、寄附金額の10%分のAmazonギフト券2,000円分の還元があります。

総額3万円を寄附する場合

  • 自己負担額:2,000円
  • 所得税や住民税減額:28,000円
  • 自治体からのお礼品:9,000円相当

さとふる」のキャンペーンを適用しない場合でも、10,000円の寄附すれば、税の減額と返礼品で7,000円お得ですね。

さとふる」のキャンペーンを適用する場合は、更に寄附金額の3%分のAmazonギフト券900円分、又は、寄附金額の10%分のAmazonギフト券3,000円分の還元があります。

総額4万円を寄附する場合

  • 自己負担額:2,000円
  • 所得税や住民税減額:38,000円
  • 自治体からのお礼品:12,000円相当

さとふる」のキャンペーンを適用しない場合でも、10,000円の寄附すれば、税の減額と返礼品で10,000円お得ですね。

さとふる」のキャンペーンを適用する場合は、更に寄附金額の3%分のAmazonギフト券1,200円分、又は、寄附金額の10%分のAmazonギフト券4,000円分の還元があります。

総額5万円を寄附する場合

  • 自己負担額:2,000円
  • 所得税や住民税減額:48,000円
  • 自治体からのお礼品:15,000円相当

さとふる」のキャンペーンを適用しない場合でも、10,000円の寄附すれば、税の減額と返礼品で13,000円お得ですね。

さとふる」のキャンペーンを適用する場合は、更に寄附金額の3%分のAmazonギフト券1,500円分、又は、寄附金額の10%分のAmazonギフト券5,000円分の還元があります。

総額10万円を寄附する場合

  • 自己負担額:2,000円
  • 所得税や住民税減額:98,000円
  • 自治体からのお礼品:30,000円相当

さとふる」のキャンペーンを適用しない場合でも、10,000円の寄附すれば、税の減額と返礼品で28,000円お得ですね。

さとふる」のキャンペーンを適用する場合は、更に寄附金額の3%分のAmazonギフト券3,000円分、又は、寄附金額の10%分のAmazonギフト券10,000円分の還元があります。

まとめ

ふるさと納税は、基本的に所得税や住民税を払っている人は確実にするべき節税対策です。
その中でも今回の「さとふる」のキャンペーンは、とてもお得です。
お礼品もとても充実しているので、積極的に活用しても良いと思います。

キャンペーン期間は2018年12月31日までです。
ふるさと納税をするのであれば、少しでもお得にしてみてはいかがでしょうか。


「さとふる」でふるさと納税!

コメント

  1. […] […]