食費を節約するために意識したい買い物術とは?

タイトル画像 節約生活

「まずは食費の節約をする!」
「お昼ご飯は我慢する!」
「極力食材を買わないようにして節約をする!」

皆さんは、食費を節約するために無理をして、ストレスを溜めていませんか?
無理な節約はストレスが溜まりやすく、反動でかえって使い過ぎてしまう傾向もあると言われています。

食費の節約において、一番即効性があるのは外食を抑えることです。
そして、その次に食材の買い物費用を抑えることです。
実は、この食材の買い物において、食費を節約することができる簡単な考え方と買い物術はあります。
しかも、そんなに難しいことではありません。
では、どのようにすれば良いでしょうか?
今回は、食費を節約するために意識したい買い物術について、ご紹介します。

予算を決める!

お金画像

食費の節約において、予算を決めることが一番の節約ポイントとなります。
予算を厳守することで、食費の節約にグッと近付きます。
最初は、高めの設定でも良いので、きちんと達成できる金額を設定しましょう。
まず1ヶ月をしっかり達成することで、達成できたという喜びと達成感で、節約に対するモチベーションを保つことができます。

コツとしては、無理をし過ぎない予算設定です。
このことを念頭に置いた上で、食費の節約を始めてみましょう。
予算管理のコツとしては、冷蔵庫などに保管している食材をしっかり使い切れているかどうかを見直してみてください。
買い物をした時にしていた予定より多く食材が余っていれば、それだけの食材の予算は必要なかったということです。
全てとはいかなくても、メインの食材だけでも食べ切れない状態が続いていれば、買い物の間隔を変えたり、購入する量を見直す余地があるでしょう。

また、毎月予算を超えてしまうようであれば、あえて少なめに毎回買い物をすることもひとつの方法ですよ。
スーパーでゆっくり計算している余裕もないと思うので、買い物を行く前に冷蔵庫の中身を眺めながら、買うものを決めて行くようにしましょう。
もし家でゆっくり冷蔵庫を見てから買い物に行くのが嫌ということであれば、下記の方法もありますよ。

  •  在庫管理できるスマホアプリを活用する。
  •  スマートフォンにメモする。
  •  写真を撮影しておく。

更に、消費税には注意が必要です。
買い物をする場所によっては、税抜き価格が記載されています。
買おうとしているものが、税抜き価格なのか税込み価格なのかは大きなポイントにもなるので、注意しましょう。
レジに行く前には、買い物かごの中身を再度チェックし、要らないものがないかどうかを見直し、買い過ぎないようにしましょう。

買い物に行く回数を減らす!

ノートをとる女の子の画像

食費の節約をするために、買い物に行く回数を減らしましょう
余計なものを買わないことと時間の節約に繋がります
「1週間のうちに1回だけ!」と何かしら決めてしまうことは重要です。
そして、買い物1回あたりの予算を配分することで、食費を使い過ぎることがほとんどなくなります

例えば、1ヶ月の食費の予算が4万円だとします。
週2回(月8回程)買い物をする時の1回あたりの買い物予算は5,000円になりますが、週1回(月4回程)買い物をする時の1回あたりの買い物予算は10,000円になります。
見た目は何も変わりませんよね?
しかし、当然ながら買い物に行く回数を減らせば、時間の節約に繋がります
また、1回あたりの予算を増やすことにより、「あまり買えない」というストレスを減らすこともできるでしょう。
更に、買い物かごが必要なものでいっぱいになるため、不必要な買い物をしない傾向になります。
買い物の回数を減らすだけでも、これだけのメリットがあります。

実際私たちも、月に2回業務用スーパーでお米とお肉と調味料をまとめ買いをしているのですが、持って帰る重さを少しでも軽くするためにも、無駄な買い物をしなくなりました。
これが月に4回買い物に行っていれば、きっとお菓子とかも少し買っていたんでしょうね。

買い物の回数を減らす上で、行きつけのスーパーの特売デーなどとスケジュールを合わせると、よりお得に買い物ができます。
また、決まったお店を使うことでポイントを貯めて、どうしても予算が足らない時にはポイントで支払うという方法もあります。
普段から冷蔵庫などの在庫をしっかり把握した上で買い物をコントロールすることが、食費節約のポイントとなりますので、心がけておきましょう。

買う金額を考える!

買い物画像

あなたは、食材などの金額をきちんと気にして買っていますか?

「白菜が1/2カットで税抜き価格100円以下であれば買おう!」
「ケチャップやマヨネーズは税抜き価格100円以下!」

このように、買う金額をあらかじめ無意識に決めている人も多いと思います。
しかし、その価格は適正な価格でしょうか?
例えば、Aさんがいつも300円で購入している商品を、100円引きで200円で買いました。
しかし、Bさんは同じ商品をいつも200円で買えています。
このように、支払った金額は同じですが、特売で購入すると賞味期限が短いなどのリスクがあるため、Bさんの買い物が賢い買い物をしているということになります。
また、なぜBさんはいつも200円で帰るのでしょうか?
それは、Bさんの買い物をする場所が常に安く買える場所なのか、Aさんが高過ぎる買い物をしているのかのどちらかです。
このように、買い物をする商品の金額が適切かどうかを常に考えておく必要があるでしょう。

「〇%オフ」、「〇円引き」、「半額」など特売品もとても魅力的ですが、その金額が適切かどうかは別問題と言えます。
普段から、その商品の適切に買える金額かを自覚しておくことで、食費の節約に大きく繋がります。

まとめ

まとめ画像

今回は、食費を節約するために意識したい買い物術について、ご紹介しました。
食費の節約は、予算をしっかり設定し、買い物の回数も決めて、あとは食材の適切な買い物価格さえ把握していれば、自然と節約に繋がりますよ。
当たり前のことを改めてしっかり取り組むだけで良いのです。
間違った理解として、食べるのを我慢したり食材の購入を我慢するというイメージがあると思いますが、そんなストレスが溜まることをしなくても大丈夫です。
食費の節約も、ストレスなく楽しく行うようにしましょうね。

この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科 [ 松本 博樹 ]

価格:1,296円
(2019/2/28 19:30時点)
感想(1件)

「この1冊でお金に困らない!節約ハック大百科」
私たちがバイブル的にしている1冊です。
節約や貯金に対する考え方やお金の捉え方、また、細かい節約術の紹介などが載っています。
一通り読むも良し、目次から部分的に読むも良しな1冊です。
「ちょっと何か節約してみたいな。」と考えている人は、是非1冊お持ちください。

◯一緒に読みたい記事

コメント