「食費」と「外食費」の予算管理を分けるメリットとデメリットとは?

タイトル画像 節約生活

節約を始めるときには「食費を節約する!」とよく聞きますが、そのためには「食費」と「外食費」を分けて考えることが大切です。
食費の中に外食費を含めてしまうことで、食費の予算を守ることが難しくなるためです。
ただし、外食費だけでの予算管理が難しいことも事実です。
つまり、食費と外食費を分けることによるメリットとデメリットがあります。
今回は、実例として我が家の考え方も含めた、「食費」と「外食費」の予算管理を分けるメリットとデメリットについて、ご紹介します。

「食費」と「外食費」を分けるメリットとは?

外食画像

食費と外食費を分けるメリットは、食費の予算を守りやすくなることです。
もし食費と外食費の予算が同じ場合は、一度外食をするだけで予算を圧迫する可能性があります。
しかし、食費と外食費を分けて考えることで、毎月スーパーなどでどのくらい買い物をして良いかの算段が立てやすくなり、予算を守りやすくなります。
また、外食費だけを別で予算化することにより、予算の管理がしやすくなります。
例えば、外食費の予算を1万円とすれば、「今月は飲み会に2、3回行ける!」などの目算を立てることができます。

食費と外食費を分けなければ、どれだけ食費に残せば良いか曖昧なまま、外食をします。
その結果、予算を超えてしまうということが起きます。
実際には、食費と外食費を分けていても予算を守れない、ということはもちろん発生します。
しかし、食費としてのみの予算管理をして予算を守れない、というリスクをひとつでも減らす対策として、食費と外食費を分けて考えることをおススメします。

家計簿 ノート ハウスキーピングブック パヴォ ハイタイド HIGHTIDE 簡単 家計簿

価格:1,728円
(2019/3/24 10:06時点)
感想(818件)

〇一緒に読みたい記事

「食費」と「外食費」を分けるデメリットとは?

外食費

食費と外食費を分けるデメリットとは、外食費の予算設定をいくらにして良いかわからないことです。
スーパーなどで食材を買うような食費とは違い、外食費は、会社などの付き合いで急に行く場合も多々あります。
そのため、予算の計画が立てにくいことが特徴でもあります。

例えば、外食費の予算を毎月1万円とします。
月によっては、全く外食に行かず0円であったり、反対にいつもよりかなり多く出費が膨らみ2万円使ってしまうなど、外食費は予算を設定しても結果にばらつきが出やすいものです。
このように、外食費を分けて考えても、外食費の予算を守るのは難しいというデメリットがあります。

外食費はいくらに設定すれば良いのか?

外食費をどれくらいの金額に設定すれば良いのかは、各家庭の考え方次第で大きく変わってきます。
例えば、平日は仕事と家事を一生懸命やって、週末はストレスを溜めないために外食にする方針の家庭もあります。
また、日々の仕事で帰りが遅く、夜ご飯は外食で済ます方針の家庭もあります。
このように、家でご飯を食べるよりも、外食で済ませることの多い家庭では、食費が安くなり、外食費が高くなる傾向があります。
そのため、一概に「外食費はこの金額!」と言えるものではありません。
他人の平均値を参考にするというよりかは、各家庭ではどのくらいが無難かを考えるようにする方が良いでしょう。

納得して外食費を支出するようにする!

ここで改めて考えて欲しいこととしては、外食に行く必要が本当にあるのかどうかです。
例えば、週末のお昼ご飯に「ファーストフード店でがっつりご飯を食べることでストレスを発散している!」というのであれば、その外食は、他のストレス発散の方法が見つかるまでは続けておいた方が良いでしょう。
しかし、なんとなくラーメンやカレーなどを食べに行ったりするような場合であれば、外食の考え方について、見直した方が良いです。
外食費をいかに意味のあるものにするか、というところがポイントです。
同じ外食であっても、きちんと「ストレス発散」という意味があり、納得してお金を払うのであれば良いです。
外食費を抑えることで、節約効果も非常に大きくなりますよ。

〇一緒に読みたい記事

【実例】我が家の「食費」と「外食費」の考え方!

手をつなぐ画像

我が家では、「食費」として月4万円の予算を確保し、その内訳として「食材費」が25,000円、「外食費」が15,000円としています。

  • 食材費:25,000円
  • 外食費:15,000円

我が家は仕事の都合で外食をすることが多いので、この金額に設定しています。
ただし、基本的に2人とも家で食事できる時は、外食はしません。
誕生日や記念日などの特別なタイミングでのみ、外食をしています。
ファーストフード店などでサクッとご飯を食べることがなくなりましたね。

また、食事にはストレスをかけないことを、最低限のルールとしています。
そのため、料理するのがしんどい時や手間な時にも、外食をすることにしています。
作り置きなどで対応することもありますが、ストレス発散のためにも外食をする機会を作っています

更に、外食費を節約するために「ファンくる」という覆面モニターサイトも活用しています。
実際に外食費のうちの30から100%のポイント付与を受けることができます。
上手に活用すれば、無料で外食することもあります。
無料で登録と利用ができるので、登録だけでもしておくことをおススメします。



〇一緒に読みたい記事

まとめ

ステップアップ画像

今回は、実例として我が家の考え方も含めた、「食費」と「外食費」の予算管理を分けるメリットとデメリットについて、ご紹介しました。
食費と外食費を分けることで、予算の管理がしやすくなります
スーパーなどでの過度な買い物や無理な節約をすることも少なくなるでしょう。
しかし、外食費を予算化して管理することの難しさも分かってもらえたかと思います。
食費の節約は非常に難しいものではありますが、何よりもストレスを溜めないように取り組めるよう、ルールを作ることが大切です。
しっかり効果を出せるように、まずはどの形が良いのかを決めてみてはいかがでしょうか?

◯一緒に読みたい記事

コメント