引越しを決める前に知っておきたい!「敷金」と「礼金」の考え方とは?

タイトル画像 節約生活

引越しをするときに必要な初期費用として、不動産検索サイトなどで「敷金」と「礼金」という言葉を誰もが目にします。

「敷金、礼金って何?」
「何のために払わないといけないの?」
「払わないといけないものなの?」

このように思う人も多いはずです。
しかし、いざ引越しをするとなれば、バタバタして言われるがままにお金を払う人も少なくありません。
後で明細を見て慌てないためにも、事前にしっかり理解しておくことは重要です。
では、敷金と礼金とは、どういうものなのでしょうか?
今回は、引越しを決める前に知っておきたい「敷金」と「礼金」の考え方について、ご紹介します。

「敷金」と「礼金」の意味とは?

お金イメージ画像

敷金と礼金は、賃貸でお部屋を借りるときの初期費用となります。
そもそも、敷金と礼金のそれぞれの意味を知っていない人も多くいます。
ただ、それぞれの意味合いは異なりますので、ひとつずつ理解していきましょう。

敷金とは?

部屋を退去するときに、生活の中で出来てしまった傷などを原状回復するための費用として、入居前にあらかじめ払うお金のことです。
退去時には、原状回復にかかった費用が敷金から差し引かれます。
つまり、傷などをあまりつけなければ差し引かれたお金が戻ってきますし、原状回復に大きなお金がかかるものであれば、追加で請求されることもあります。
敷金は、家賃1ヶ月分が目安と言われています。

礼金とは?

部屋を所有する大家さんに対して、お礼の意味として支払うお金です。
敷金とは違い、礼金は退去時に返金されることがありません
最近では、空き部屋を減らすためなどを理由に、礼金なしの物件も多く増えています。
敷金も、家賃1ヶ月分が目安と言われています。

敷金と礼金は地域によって相場が異なる!

敷金と礼金は、家賃1ヶ月分が目安と言われていますが、その相場は地域によって異なります
東京であっても、人気があるエリアは2ヶ月分の設定がされていることもあります。
反対に、敷金も礼金も0円としている物件もあります。
今では、一人暮らし向けの物件のおよそ半数が、敷金も礼金も0円だと言われているほどです。
まずは、自分が住みたい地域の家賃相場を見る時に、敷金と礼金についても、一緒に確認するようにしましょう。

敷金を多く返してもらうためのポイントとは?

投資信託イメージ画像

敷金をより多く返してもらうためには、要は汚さないことです。
賃貸物件の原状回復については、国のガイドラインでも示されています。
通常使用の範囲内での経年劣化や汚れの修理費は、大家さん負担とされています。
しかし、敷金をより多く返してもらうために最も大切なことは、「こまめに掃除をすること」です。
掃除を怠っていたための汚れ(結露の放置や台所の油汚れの放置)は、入居者負担とガイドラインにも明記されています。
敷金をより多く返してもらうためにも、掃除はマメにしっかり行うようにしましょう

iRobot 【国内正規品】 ロボット掃除機 「ルンバ」 e5〔アイロボット Roomba ルンバe5 e515060〕

価格:53,870円
(2019/4/11 20:35時点)
感想(44件)

〇一緒に読みたい記事

なぜ敷金も礼金も0円の物件があるのか?

整理整頓イメージ画像

新生活を始めるにあたり、敷金も礼金も0円であれば、費用を抑えることが出来るのでとても魅力的です。
しかし、なぜ敷金も礼金も0円で成り立つのでしょうか?

需要と供給のバランスによるもの!

例えば、都市部に勤めながら郊外に住む場合、都市部までの通勤時間がかかったり、交通費などの費用も多くかかります。
そのため、敷金と礼金があると、なかなか借りるのをためらってしまいます。
この現象により、郊外の敷金や礼金がある賃貸物件については、空き部屋が目立つケースも増えてきています。
大家さんや不動産会社からすれば、長期間の空き部屋ができてしまうことを避けたいものです。
部屋を少しでも多く、そして、早く借りてほしいという理由から、敷金と礼金を0円にしていることがあります。

敷金と礼金が0円でも費目が違う場合もある!

注意すべき点としては、敷金と礼金が0円だとしても、初期費用がかからないというわけではありません。
敷金と同じような意味で「原状回復費用」として、部屋のクリーニング代を設けていることが多いです。
目安としては、1㎡1,000円程です。

また、エアコンがあれば、同様にクリーニング代がかかり、1台あたり8,000円程の費用が発生します。
結果として、部屋のクリーニング代は、敷金1ヶ月程のお金がかかります。
敷金よりもクリーニング代としてのほうが内訳がしっかり示されているので、安心して使えます。

クリーニング代でも注意したいものが、「定額クリーニング代」の場合です。
「定額」というものの、含まれるクリーニングの内容が不明確です。
ひどい場合には、退去時に敷金1ヶ月分以上の金額を請求されるケースもあるらしいです。
どこまでが「定額クリーニング代」に含まれるのかを契約書でしっかりよく読み、わからないことは先に聞くようにしましょう。
契約書にしっかりと内容を書き込んでもらうと、なお良いですね。
トラブルを防ぐためにも、しっかりと注意をしておきましょう。

敷金と礼金が0円にデメリットはあるのか?

ここで敷金と礼金が0円の物件であれば、「何か訳あり物件ではないのか?」と疑う人もいるでしょう。
敷金と礼金を支払った方が安心だという人が多くいるのも事実ですが、敷金と礼金が0円の物件であっても、デメリットは特にありません。
むしろ、住みたいと思った部屋に住めるのであれば、良い意味の方が強いと思います。

ただし、最初から敷金と礼金が0円の条件で調べていると、賃貸物件の選択肢が少なくなるのは間違いありません
人気のあるエリアであれば、物件自体がなかなか見つからないこともあります。
また、敷金と礼金が0円であれば、家賃が相場よりもやや高い傾向があります。
先ほどお話したクリーニング代も注意が必要なので、しっかり確認するようにしましょう。

敷金と礼金を抑えるためのポイントとは?

まとめ画像

敷金と礼金はやっぱり0円で済むのであれば、0円にしたいですよね。
もし0円が叶わなくても、極力安く済ませたいと思います。
敷金と礼金を少しでも抑えるポイントについて、ご紹介します。

クレジットカード払いができないか?

実際に賃貸物件を借りたいけれど、お金がない場合などには、クレジットカード払いに対応しているか確認してみましょう。
分割払いで支払い回数を選択できるだけではなく、クレジットカードのポイントを貯めることができます。
クレジットカード払いに対応している不動産会社も増えていますので、確認してみるだけの価値はありますね。

〇一緒に読みたい記事

部屋を借りる時期を選ぶ!

賃貸物件は、部屋を借りたい人が集まる時期(1月から3月)に、敷金や礼金がかかる物件が増えます
対して、人が集まりにくい夏などの時期には、同じ物件でも敷金や礼金が0円物件になることもあります。
お金がない人や少しでも節約したい人は、お部屋探しの時期を少しずらすこともポイントと言えるでしょう。
敷金と礼金を抑えることができれば、引越しの初期費用も安く済むので、より充実した生活のためにお金を使うことができるでしょう。

まとめ

掃除イメージ画像

今回は、引越しを決める前に知っておきたい「敷金」と「礼金」の考え方について、ご紹介しました。
敷金と礼金は、極力抑えたい費用でもありますし、実際に0円で済ませることもできます。
しかし、どのように選ぶかは、自分が住みたい部屋のイメージや生活環境もあると思うので、敷金と礼金を基準に賃貸物件を選ぶ必要はないと思います。
気持ち良く引越しをするためにも、部屋を選び始めるまでに、敷金と礼金についてしっかり理解しておきましょう。

iRobot 【国内正規品】 ロボット掃除機 「ルンバ」 e5〔アイロボット Roomba ルンバe5 e515060〕

価格:53,870円
(2019/4/11 20:35時点)
感想(44件)

○一緒に読みたい記事

コメント