「格安スマホ」と「格安SIM」の違いとは?メリットとデメリットや乗り換え実体験も解説!

タイトル画像 節約生活

「格安SIMが安くてお得!」
「格安スマホにした!」
「固定費の節約になるよ!」

周りからこのような言葉を聞く機会も増えてきたのではないでしょうか。
携帯電話と言えば、docomo、au、SoftBankということが当たり前の時代ではなくなりました。

でも「格安スマホ」や「格安SIM」と急に言われても、何が何だかんだわかりませんよね。
私もその一人でした。
今回は、私も理解しきれていなかった格安スマホと格安SIMの違い、メリット・デメリット、そして、私が乗り換えた時のお話について、ご紹介します。

格安SIMと格安スマホの違いとは?

言葉の意味から考える!

格安スマホと格安SIMの違いはなんでしょうか?
言葉を一つずつバラすと簡単に見えてきます。

  • 「格安」:値段が安いこと
  • 「スマホ」:スマートフォンのこと

この「格安」と「スマホ」だけであれば、皆さんイメージしやすく抵抗も少ないと思います。
皆さんがわからなくなるのは「SIM」です。
普段聞き慣れない言葉なので、難しく感じるものだと思います。
では、「SIM」とは一体なんでしょうか?

SIMとは?

「SIMカード」のことを表します。
SIMカードとは、スマートフォンなどに入っているICカードのことです。
SIMカードをスマートフォンなどに挿入することで、電話やインターネットを利用できます。
SIMカードの中には、固有のID番号が割り振られており、利用中のキャリアや契約情報などが登録されています。

仮にSIMカードがなくても、Wi-Fi環境があればインターネットは使えます。
SNS、音楽プレイヤー、カメラ、オフラインゲームなどは問題ありません。
しかし、電話やSMSが使えなくなります。
このため、アプリのアップデートやアップロードができなかったり、インターネットサービスを受けることができない場合があります。

このようにスマートフォンだけでは、今使っている携帯電話の機能としては成り立ちません。
SIMカードの存在は携帯電話にとって、とても重要なものであると言えます。

格安スマホと格安SIMの違い!

では、格安スマホと格安SIMの違いについて改めて考えてみましょう。
簡単に言えば、下記の違いのみです。

  • SIMカードだけを契約する!
  • スマートフォンとSIMカードを同時に契約する!

格安スマホと格安SIMの違いは、この2つだけです。
格安SIMだけを契約すると、SIMカードだけが届きます。
また、格安スマホと契約すると、スマートフォンとSIMカードが届きます。
「違いは何か?」と聞かれたら、これで理解できると思います。

格安SIMには種類がある!

格安SIMにも様々な種類があります。
SIMカードの大きさやサービス形態が異なります。
そのため、格安SIMを申し込む時は、SIMカードのサイズと種類に注意が必要です。
もし間違えたSIMカードを選んでしまうと、電話やインターネットが使えません。

SIMカードのサイズ

SIMカードのサイズは3種類あります。

  • 標準SIM
  • micro SIM
  • nano SIM

標準SIMは、ガラケーやiPhone3Gなどの初期の3G対応スマートフォンで利用されています。
現在は、ほとんど使われていません。

micro SIMは、iPhone4や2013年頃のAndroidスマートフォンを中心に多く利用されています。
現在はガラケーなどに採用されています。

nano SIMは、iPhone5以降のiPhoneや2014年以降のAndroidスマートフォンで利用されています。
現在販売中のスマートフォンは、このサイズが主流となっています。

このように、現在対応しているSIMカードのサイズは、ほとんどnano SIMです。
ただし、一部のSIMフリースマートフォンでは、micro SIMを利用するケースもあるので、お持ちのスマートフォンにあったサイズを利用するようにしましょう。

格安SIMの種類

格安SIMは大きく分けて、下記がチェックするポイントとなります。

  • 音声通話プラン・データ専用プラン
  • 月々の料金とデータ通信量
  • 通信速度

格安SIMの種類としては、「音声通話プラン」か「データ通信専用プラン」かを選ぶことです。
つまり、「電話が必要かどうか」です。
今まで通りの携帯電話として使う場合は、音声通話プランを選択し、2台目という持ち方をするのであれば、データ通信専用プランを選択すれば良いでしょう。
格安SIMの種類において、基本的にはこの考えのみです。
あとは契約する格安SIM提供会社が、どのようなサービスやプランを提供しているかで判断すれば良いでしょう。

格安スマホと格安SIMのメリットとデメリット!

メリット

格安スマホと格安SIMの最大のメリットは、月額料金が安くなることです。
docomo、au、SoftBankでは、5,000円から8,000円程の月額料金がかかります。
しかし、格安スマホと格安SIMに乗り換えれば、プランにもよりますが1,000円から3,000円程でも携帯電話が使えます。
格安スマホと格安SIMは、自分に必要なサービスだけを選べます。
電話が必要かどうか、SMSが必要かどうか、データ通信量は何ギガにするか、などです。
また、データ通信量のプランも1GBなどの低容量のプランも多いです。
あまりスマートフォンを使わない人には大変お得ですね。



契約期間の縛りが短めなことも特徴です。
docomo、au、SoftBankは、契約してから2年以内に解約すると10,000円近くの契約解除料が発生します。
俗に言う「2年縛り」です。
格安スマホと格安SIMの場合、短い期間の縛りであれば1年前後です。
代表的な各社の音声通話付きプランの最低利用期間は、下記の通りです。

  • mineo:1年
  • 楽天モバイル:1年
  • OCNモバイルONE:6ヶ月
  • イオンモバイル:180日

最低利用期間中に解約すると、10,000円程の契約解除料が必要です。
mineoとイオンモバイルには、最低利用期間がありません。
ただし、手数料が5,000円から8,000円ほどかかるので、実質的には同じ考え方です。

デメリット

docomo、au、SoftBankから格安スマホや格安SIMに乗り換えると、「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などの、今まで使用していたメールアドレスが使用できなくなります。
基本的には、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールを利用することになります。

また、docomo、au、SoftBankとは違い、格安スマホと格安SIMは、基本的には自分で設定しなければいけません。
APN(アクセスポイントネーム)と呼ばれる接続情報の設定などを、自分で行う必要があります。
もちろん、説明書を読めば設定はできますが抵抗がありますよね。
格安スマホと格安SIMは、実店舗も増えてきていますので、販売窓口で乗り換えれば、docomo、au、SoftBankと同様に、電話やインターネットが使える状態で渡してくれます。

その他には、通信速度が遅い時間帯があることです。
ランチタイムである12時頃や夕方18時頃などのアクセスが集中しやすい時間帯は、一時的に接続が悪い時があります。
契約時には、最高速度より最低速度を確認しておくことをオススメします。

また、通話料も高めの設定です。
プランにもよりますが、10分間かけ放題などの特典がついていることもありますが、10分を超えたり、かけ放題対象外で利用すると、非常に高いです。
基本的に長電話には向いていないように感じますね。
LINEの無料電話などを主流で使うと良いでしょう。

実録!SoftBankから楽天モバイルに乗り換えた時のお話!

楽天モバイル画像私は最近までSoftBankでiPhone7を利用し、毎月8,000円ほど支払っていました、
しかし、楽天モバイルで格安SIMの申し込み・利用を開始しました。
その結果、月額料金が下記のとおりになりました。

SoftBank 月額約8,000円
楽天モバイル 月額約1,000円
差額 1ヵ月あたり7,000円ほど安くなった!

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

このように、iPhone7をそのまま使用し、楽天モバイルの格安SIMを利用することで約7,000円の毎月の支出減額に繋がりました。
楽天モバイルでのプランは、「スーパーホーダイプランS」を利用しています。

楽天モバイル画像

楽天モバイル画像

(画像元:楽天モバイル

月額基本料は2,980円ですが、楽天会員だと500円、最低3年利用で1,000円の合計1,500円が2年間値引きとなります。
そして、最初の1年限定で、楽天会員のランクが「ダイヤモンド会員」の場合は、その対象月のみ更に500円引きとなります。
幸いにも私は楽天のヘビーユーザーでダイヤモンド会員だったため、結果的に楽天モバイル格安SIMの月額料金が1年目980円、2年目1,480円、3年目以降2,980円となりました。

また、SoftBankで使用していた電話番号もそのまま引き継ぎ、スマートフォンアプリや電話帳、写真などもそのままなので、あまり変わった実感がありません。
通信速度も高速通信がオフになったとしても、そこまでストレスはありません。
本当に値段だけが安くなって、iPhone7が使えているという感覚です。

楽天モバイルの実店舗で乗り換えたため、手続きも全て店員さんが行ってくれました。
しかも驚くことに、時間も全然かかりませんでした。
思っている以上に、格安スマホと格安SIMに乗り換えるのは楽だなと思いましたね。また、楽天モバイルは、格安スマホや格安SIMの利用を開始すると、常時楽天市場での買い物還元率が+2%となることが非常に魅力的です。
何の不便もなく安く使えるので、楽天ユーザーを中心に楽天モバイルをおススメします。

【格安SIMへの乗り換え体験談の詳細はこちら!】
【格安SIM体験談】iPhoneのまま「SoftBank」から「楽天モバイル」に乗り換えたメリットとデメリットとは?

まとめ

今回は、格安スマホと格安SIMの違いについて説明しました。
それぞれどちらもメリットとデメリットがあります。
ただはっきりしている最大のポイントは、月額料金が安くなることです。
私の楽天モバイルへの乗り換え実例にあるとおり、格安SIMと格安スマホのどちらを使っても、docomo、au、SoftBankよりは絶対に節約できます。
LINEモバイルであれば、SNS使い放題300円からのプランがあるくらいですしね。
通信費を安くして、貯金や好きな買い物に回すなどしてみてはいかがでしょうか?

〇一緒に読みたい記事

コメント