【格安SIM体験談】iPhoneのまま「SoftBank」から「楽天モバイル」に乗り換えたメリットとデメリットとは?

タイトル画像 節約生活

SoftBankから格安SIMの楽天モバイルへ、乗り換えることができるかどうかわからない人は多いのではないでしょうか?
結論としては、SoftBankから楽天モバイルへの乗り換えは可能です。
月額料金をとても安く使うことができ、通信速度もストレスなく使うことができます。
私自身も「何でもっと早く乗り換えなかったのか?」と後悔したくらいです。
機種もSoftBankの頃に使っていたiPhone7を、写真や電話帳、アプリなどを何かに移し替えることなく、そのまま使用しています。

今回は、私がSoftBankから楽天モバイルへ乗り換えた際の料金比較や手続きなどの実体験を中心に、楽天モバイルのことについて、ご紹介します。

楽天モバイルとは?

楽天モバイルロゴ画像

(画像元:楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天市場などで有名な楽天グループが提供している格安スマホや格安SIMです。
「格安スマホ、格安SIMってなに?」という方は、先にこちらの記事をご覧ください。
格安スマホと格安SIMのことについて、まとめています。

(参考記事:「格安スマホ」と「格安SIM」の違いとは?メリットとデメリットや乗り換え実体験も解説!

楽天モバイルは、格安スマホや格安SIMの契約数や利用数で一位となっています。
利用者も大変多く、実績としても十分です。
おそらく周りに「実は楽天モバイルを使っています!」という人も、多いと思います。
「楽天」という認知度だけではなく、確かな実績を持っているのが「楽天モバイル」です。

楽天モバイル画像

(画像元:楽天モバイル

【実録】楽天モバイルでの契約内容!

今回契約した内容の概念は、下記のとおりです。
私は1年目980円、2年目1,480円、3年目以降2,980円で利用できることになりました。

  • SoftBank時に利用していたiPhone7をSIMロック解除して、そのまま使用
  • データ容量は2GB(スーパーホウダイプランS(3年契約))
  • 3年契約
  • 音声通話あり
  • MNP(電話番号そのまま)で乗り換え
  • オプションなし

本体はそのまま使える!

基本的に格安SIMは、SIMフリーのスマートフォンがあれば、どれでも使えます。
ただし、全機種対応というわけではありません。
対応機種については、かなりの数があるので、楽天モバイル公式ホームページ「対応端末」をご確認ください。
私はSoftBankの時に使用していたiPhone7を、SIMロックの解除をして、そのまま使っています。

楽天モバイル画像

(画像元:楽天モバイル

データ容量も様々なプランあり!

格安SIMは契約時に、1ヶ月間で使えるデータ容量を決めなければなりません。
インターネットとSNSくらいの利用であれば、3GBから5GBのプランで十分です。
また、楽天モバイルは契約後もプラン変更が簡単に可能です。
実際に利用してからプラン変更するのも良いでしょう。
料金プランも様々ありますので、楽天モバイル公式ホームページ「料金ページ」をご覧ください。

楽天モバイル画像

楽天モバイル画像

(画像元:楽天モバイル

私は自宅と職場にWi-Fi環境があり、外ではほとんど使わないので、「スーパーホウダイプランS(3年契約)」の2GBの一番安いプランにしました。

  • 楽天会員で2年間ずっと500割引き
  • 楽天ダイヤモンド会員で1年目対象月は500円割引き
  • 最低利用3年で2年間ずっと1,000円割引き

私はこの3つの割引きの適用があるため、1年目980円、2年目1,480円、3年目以降2,980円という月額料金が実現しました。

音声通話あり!

楽天モバイルでは、「データ通信のみ」と「音声通話あり」の2プランがあります。
電話をする人は、必ず「音声通話あり」のプランを選択しましょう。
MNPをすれば電話番号そのままで他社から乗り換えることも可能です。
他社からの乗り換え時に関する詳しい仕組みは、楽天モバイル公式ホームページ「MNP
」がとてもわかりやすく解説しています。
私もSoftBank時代に使っていた電話番号をそのまま使用しています。

【実録】楽天モバイルの手続き!

楽天モバイル販売店舗での手続き!

私は今回、初めての格安SIMということのあり不安だったので、楽天モバイルの販売店舗へ直接伺いました。
楽天モバイル公式ホームページ「店舗」より、近くにある店舗を探すことができます。
年々店舗数が増えているので、逐一情報は確認したほうが良いかもしれませんね。
もちろん格安SIMは、販売店舗に行かなくてもご自身で自宅にて行ってもらうこともできます。
むしろ格安スマホや格安SIMは、ネットでの手続きが主流です。
楽天モバイルのネットでの手続き方法は、楽天モバイル公式ホームページ「ご利用の流れ」に詳しく書いているので、ご参考にしてください。

必要なものとやっておくこと!

楽天モバイルで申し込みに必要なものややっておくことは、下記のとおりです。

  • 契約者の本人確認書類
  • 楽天会員ログイン用のユーザーIDとパスワード
  • MNP予約番号
  • SIMロック解除
  • 本人名義のクレジットカード、デビットカード又はキャッシュカード等口座情報

MNP予約番号取得!

MNP予約番号とは、電話番号そのままで他社から乗り換えるために必要な予約番号です。
SoftBankのMNP予約受付窓口に電話をするだけで、番号を教えてもらうことができます。
他社からの乗り換え時に関する手続きも、楽天モバイル公式ホームページ「MNP
」がとてもわかりやすく解説しています。

SIMロック解除!

今回のように楽天モバイルの格安SIMを利用するためには、必ずSIMフリーのスマートフォンが必ず必要になります。

  • 現在使用しているスマートフォンのSIMロックを解除する
  • SIMフリー端末を購入する

SIMフリーのスマートフォンは、ことで入手できます。
簡単にできるのは、SIMロック解除です。
SIMロック解除することで、お使いのスマートフォンをそのまま楽天モバイルでも利用できます。
ただし、楽天モバイルでは使えない端末もあります。
対応機種については、かなりの数があるので、楽天モバイル公式ホームページ「対応端末」をご確認ください。

SoftBankのSIMロック解除の方法は、マイソフトバンクへログインし、オプション管理を選択しでください。
その中に「SIMロック解除」とありますので、ボタンをポチポチっと2回ほど押せば完了です。

ほとんどスタッフ任せ!

必要なものの準備ややっておくことをやれば、あとは店舗スタッフが全て行ってくれました。
MNP予約番号やSIMロック解除も事前にはやり方が分からなかったので、店舗スタッフと一緒にその場で行いました。
実際は、運転免許証とクレジットカードだけを持って、お店に行ったというような形です。
料金プランやオプションを選んだり、その他説明を受けましたが、全部で1時間もかからなかったと思います。

楽天モバイル画像

店舗スタッフに相談し始めて、乗り換えを決めて、「え?もう使えるの?」というくらい早く、SoftBankから楽天モバイルに乗り換えが完了していました。
「とにかく早い!」ということが印象的でしたね。
よくよく考えれば、スマートフォンのSIMカードを入れ替えるだけのことなので、時間はかかりませんね。
SoftBankはMNP予約番号を取って楽天モバイルに乗り換えが完了した時点で、自動解約になりました。

楽天モバイルのメリット!

月額料金が安くなる!

SoftBankの頃と比較しても、圧倒的に月額料金が安くなりました。
格安SIMの一番の魅力は、月額料金の安さですね。
私の実例で比較してみましょう。

SoftBankの契約更新までは、4ヵ月を残していました。

区分 契約更新期間まで継続 すぐに乗り換え 差額
SoftBank利用料金 32,000円(月8,000円) 0円 ▲32,000円
SoftBank解約手数料 3,240円 3,240円 0円
SoftBank解約違約金 0円 10,260円 10,260円
楽天モバイル利用料金 0円 3,920円(月980円) 3,920円
楽天モバイル事務手数料 3,394円 3,394円 0円
支払い合計金額 38,634円 20,814円 ▲17,820円

なんと、すぐに楽天モバイルへ乗り換えるだけでも17,000円ほどお得になるとの試算が出ました。
この時はすごいびっくりしました。
今すぐ乗り換えるだけでも、こんなに違うものなのかと思いました。
なお、SoftBank解約違約金は、MNP予約番号取得時に電話で教えてもらうことができます。

Softbank 楽天モバイル
使用年数 月額 年額 累計 月額 年額 累計
1年目 8,000円 96,000円 96,000円 980円 11,760円 11,760円
2年目 8,000円 96,000円 192,000円 1,480円 17,760円 29,520円
3年目 8,000円 96,000円 288,000円 2,980円 35,760円 65,280円

1年間の利用料金を比較しても驚きました。
3年後には約200,000円もお得になる試算です。
なんでもっと早く乗り換えなかったのかと少し後悔をした瞬間でもありました。
料金プランも様々ありますので、楽天モバイル公式ホームページ「料金ページ」をご覧ください。

通信速度も早い!

正直、楽天モバイルへ乗り換えると少し遅くなるものだと思って覚悟していたのですが、高速通信時はdocomoの回線を利用しているため早いです。
体感できるほどよくなりました。
高速通信のデータ容量がなくなっても、常時1Mbpsでデータ通信ができます。

楽天モバイル画像(画像元:楽天モバイル

アプリのダウンロードやアップデート以外は、全然気になりません。
SoftBankの頃の通信制限がかかっていた頃よりも数倍早いです。
Youtubeも普通にストレスなく見れるので、通信制限という概念がなくなりそうな感覚です。
このように、動画やインターネット、アプリを見る速度にストレスを感じたことはありません。
楽天モバイルの通信速度は、非常に優秀だと思います。

楽天スーパーポイントとの連動!

楽天モバイルは、月々の支払額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。
貯まったポイントは、1ポイント1円として月々の支払いに使えます。
楽天市場や楽天ポイントカードで貯めたポイントも支払いに使えるので、無駄がないんですよね。
使い方によっては、全額をポイント支払いにすることもできます。

さらに、楽天モバイルに加入している人は、楽天グループが提供するスーパーポイントアッププログラム(SPU)キャンペーンにより、楽天関連サービスの利用でポイント倍率が+2倍アップします。

スーパーポイントアッププログラム(SPU)キャンペーン

▽最大15倍

  • 楽天市場での買い物で+1倍
  • 楽天カードのご利用で+2倍
  • 楽天銀行口座から楽天カード利用分を引き落としで+1倍
  • 楽天市場アプリからのお買い物分のみ+1倍
  • 楽天市場ブックスまたは楽天Koboで合計2,000円以上ご注文で+1倍
  • 楽天プレミアムカードまたは楽天ゴールドカードご利用で+2倍
  • 楽天トラベル対象期間のご利用で+1倍
  • 楽天モバイル通話SIMご利用で+2倍
  • 楽天ブランドアベニュー月に1回以上ご利用で+1倍
  • 楽天TV NBA Specialまたはパ・リーグSpecialご加入・契約更新で+1倍
  • 楽天ビューティー月1回1,500円以上ご利用で+1倍
  • 楽天証券月1回500円以上のポイント投資で+1倍

(引用元:楽天市場)

楽天ポイントを使って日用品や必要な買い物をする人にとっては、とても有り難いものです。

私は現在、ポイント6倍になりました。
スマートフォンアプリの楽天市場から、楽天クレジットカードで買い物するだけです。
普段の買い物で6%還元は非常に大きいですよね。
楽天ポイントだけで買い物も1,2ヶ月に一度はしています。
ポイントには興味がない人もいるかもしれませんが、楽天クレジットカードをメインカードにすれば、このようにお得な生活も実現できます。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

楽天モバイルのデメリット!

SIMフリー端末の準備!

楽天モバイルのような格安SIMカードを利用する場合は、SIMフリー端末が必要です。
今まで使っていたスマートフォンもSIMロック解除することで、引き続き使用できます。
しかし、SIMロックの解除ができない端末ももちろんあります。
その際は、新たにSIMフリー端末を購入する必要があります。
実際は古い機種でなければ、ほとんど対応はできるものとなっていますので、あまり心配は必要ないかもしれません。
楽天モバイル公式ホームページ「販売端末一覧」からも、楽天モバイルでの販売端末を確認することができます。

電話料金に不安あり!

楽天モバイルは、20円/30秒の通話料金が、かけた分だけかかります。
そのため、頻繁に長時間の電話をする人は、普通に電話をすると高額な請求がくるので注意と対策が必要です。
対策としては、LINEの無料通話が一番便利です。
もしくは、固定電話や携帯電話にかける時は楽天でんわを使います。
料金プランがスーパーホウダイであれば、楽天でんわは10分以内の国内電話はかけ放題です。
その他のプランでも、月額基本料0円で、国内通話は10円/30秒なので半額になります。
どこまで電話を使うのかというのも、判断材料のひとつになると言えるでしょう。

楽天モバイル販売店舗が少ない!

楽天モバイルの販売店舗は年々増えているものの、SoftBank、docomo、auと比べればまだまだ少ないです。
何かトラブルがあったときやプラン変更などの相談をしたいときは、窓口対応の方が良いという人もいるでしょう。
現在、楽天モバイル公式ホームページやサポートアプリでプラン変更やデータ容量の確認などをすることができます。
また、他社の格安SIMはネット申し込みが基本で、販売店舗がないことが多いです。
まだ少ないと言いつつも、販売店舗がある楽天モバイルの強みともいえます。

まとめ

もっと早くSoftBankから楽天モバイルに乗り換えておけば良かったと少し後悔しました。
楽天モバイルには、メリットもデメリットもあるのですが、総合的に考えたら乗り換えは大成功だと思います。
月額料金もとても安くて、通信速度にも満足しているので、SoftBank、docomo、auに乗り換えることはないでしょう。
インターネットで調べると、楽天モバイルは乗り換えた人の評判もいいです。
格安SIMの特徴を理解して、納得さえすれば、楽天モバイルはかなりおすすめですね。

(関連記事:「格安スマホ」と「格安SIM」の違いとは?メリットとデメリットや乗り換え実体験も解説!

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

コメント