2019年からはスマホで確定申告ができる!メリットとデメリットとは?

タイトル画像 生活時短術

確定申告と言えば、毎年2月から3月にかけて税務署で所得税の精算をするために行う手続きですが、手続きするための待ち時間が長いことでも有名です。
現在、電子申告の方法もありますが、ICカードリーダーの準備をする必要があるなど、手間がかかります。

そんな中で、2019年よりスマートフォンで確定申告ができる仕組みを税務署が発表しました。
今回は、スマートフォンで確定申告をする方法とメリット・デメリットについて、ご紹介します。

今までの確定申告の方法とは?

今までは確定申告をする方法として、主に2つありました。

  1. 税務署へ行き、直接確定申告書類を提出
  2. パソコンを活用し、電子申告(以下、「e-Tax」)

税務署へ直接行く方法が今でもまだまだ主流となっています。
難しい税務申告となると、何が必要で何が不要かわからない人は多いです。
直接行くことで税務署職員と対面で話し、内容について精査してもらうことができます。
ただし、1人あたりの所要時間が長いので、待ち時間がかなりあるというデメリットがあります。

パソコンを活用したe-Taxでは、パソコンから確定申告をすることができます。
どこにどの書類の何を入力すればよいかという指示も逐一してもらえます。
利用するための流れは下記のとおりです。

  1. マイナンバーカードの取得
  2. e-Taxの開始届出書の提出
  3. e-TaxのID・パスワードの受領
  4. 確定申告等データを作成・送信

e-Taxで確定申告をする際には、①e-TaxのID・パスワード、②マイナンバーカード、③ICカードリーダーの3点が必要となります。
マイナンバーカードとICカードリーダーの準備に抵抗を示す方も多いです。
準備に手間がかかるため、なかなか電子申告が広まっていないのかなとも思いますね。

ICカードリーダライタ 接触型 マイナンバー対応 確定申告[ADR-MNICUBK]【サンワサプライ】【今だけ送料無料!】

価格:2,780円
(2018/12/29 12:23時点)
感想(45件)

2019年から増えた確定申告の方法とは?

マイナンバーカード方式

マイナンバーカードを活用して確定申告をする方法です。
マイナポータル経由、又は、e-Taxホームページなどからe-Taxへログインするだけで利用できるようになります。

  1. マイナンバーカードの取得
  2. 確定申告等データを作成・送信

e-Taxで確定申告をする際には、e-TaxのID・パスワードが不要となり、①マイナンバーカード、②ICカードリーダーの2点が必要となります。
本来e-Taxを利用するためには、税務署よりe-Tax用のID・パスワードの通知を受けて入力する必要があります。
しかし、マイナンバーカード方式では、入力の手間がありません。
また、e-Taxを利用するための準備として必要だった電子証明書の登録も不要となります。

しかし同様に、マイナンバーカードとICカードリーダーの準備は必要です。
マイナンバーカードを持っている人は楽になると思いますが、持っていない人にはあまりメリットはありませんね。

ICカードリーダライタ 接触型 マイナンバー対応 確定申告[ADR-MNICUBK]【サンワサプライ】【今だけ送料無料!】

価格:2,780円
(2018/12/29 12:23時点)
感想(45件)

また、マイナンバーカード方式では、e-Taxにログインする際や申告等データに電子署名を行う際にマイナンバーカードのパスワードを入力する必要があります。
逐一パスワードを入力する手間が生じることもポイントとして認識しておきましょう。

種類 入力文字数等 使用方法
署名用電子証明書 英数字6文字以上16文字以下 申告等データに電子署名を行う際に使用
利用者証明用電子証明書 数字4桁 e-Taxにログインする際に使用
券面事項入力補助用 数字4桁 マイナンバーカード方式の利用開始時において、4情報(氏名・住所・生年月日・性別)を読み取る際に使用

ID・パスワード方式

ID・パスワードを利用してe-Taxを行う方法です。
大きな特徴は、マイナンバーカードとICカードリーダライタが不要なことです。
ID・パスワードは、税務署職員が窓口で本人確認を行い発行します。
2019年1月から利用できます。
この方法により、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」でスマートフォンやタブレットでも所得税の確定申告書の作成ができます。

  • マイナンバーカード及びICカードリーダライタを持っていなくても、スマホ等から申告書を作成し、ID・パスワード方式を利用して申告できる!
  • e-Taxで送信すれば、源泉徴収票など添付書類も提出不要!
  • 申告書の控えはPDF形式でスマホ等に保存!

スマホで確定申告をするメリットとデメリット

メリット

手軽にできる!

なんといっても一番のメリットは手軽に確定申告が出来ることです。
スマートフォンであれば、カフェでコーヒーを飲みながらでも出来ますし、数字だけ把握しておけば移動時間などの空き時間でも確定申告をできます。

書類提出不要!

確定申告でも提出書類を整えるのがかなり時間がかかります。
医療費控除の適用を受けるために医療費の領収書を整理するだけでも1日かかるレベルです。
そんな状態の中で、税務署に行かなくてもいいだけではなく、書類の提出が必要ないのはありがたいことですね。

ICカードリーダー不要!

ID・パスワード方式では、ICカードリーダーをわざわざ購入して設置する必要もありません。
ICカードリーダーって日常的に使うことがあまりないので、この確定申告のためだけに買うのは抵抗がありますよね。
ID・パスワード方式になって不要となるのは、とてもありがたいことです。

デメリット

ID・パスワード発行は税務署窓口のみ!

ID・パスワードを発行するために、税務署に行く必要があります。
クレジットカードの審査などの様に、本人確認書類をインターネット上でアップロードして、IDとパスワードを発行してくれるようなものではありません。
今後は同様になっていくものだと期待の意味も込めて思っています。

添付書類は自宅保管!

確定申告の添付書類は、自宅で保管しておく必要があります。
税務署から書類提出を求められる可能性もあるため、最低でも5年間の保管が必要となります。
5年間の書類管理って簡単そうに思いますが、意外と難しいです。

キングジム【テフィット】キャリングケース(A4サイズ・収納幅70mm)

価格:1,036円
(2018/12/29 13:58時点)
感想(0件)

このようなケースを活用して、確定申告用のものをひとつ作っておくと便利です。
また、それぞれの年で分けて管理することも大切です。
保管する書類が少なければ、もっとシンプルなファイルでも大丈夫です。
書類は「各年分けて管理」を徹底して、書類がどこにいったかわからない状態だけは避けましょう。

まとめ

私もID・パスワードを税務署に行って発行してきました。
本人確認をするだけだったので、時間もそんなにかからなかったですね。
冬場は確定申告のシーズンなので窓口も混み合うと思いますが、一度ID・パスワードを発行すれば今後ずっと手軽に出来ると思えば、行く価値はあります。

少しでも書類手続きを時短するためにも、ID・パスワードを発行してみてはいかがでしょうか?

コメント