「買い物をしない日」を作ることが節約生活に効果的な本当の理由とは?

タイトル画像 節約生活

「節約したいけど続かない!」
「何から始めたらいいんだろう?」
「効果的な節約方法ってなに?」

節約を意識をして実際に取り組むとなったら、何をどうすれば良いのかわからないと思います。
いきなり食費の節約をしたとしても、ストレスで続けにくいです。
水道光熱費の節約も、なかなか目に見えないので実感を感じにくいです。

まず私がおススメする最初の節約の取り組みとしては、買い物をしない日を作ることです。
これだけで節約生活が充実したものになりますよ。
今回は、買い物をしない日を作ることが節約生活に効果的な本当の理由と実践方法を紹介します。

便利な時代で誘惑も倍増!

タイトル画像

今はちょっとした買い物が、簡単に出来てしまう時代ですね。
ついついコンビニ、自動販売機、スーパーや100均などに寄ってしまいませんか?
寄り道は無意識に購買意欲が生まれます。

(関連記事:コンビニで無駄遣いをしないための節約術7選

またスマートフォンひとつで、どこからでも買い物ができる時代でもあります。
Amazonや楽天市場などが生活の一部として当たり前に広がっています。
iPhoneなどのスマートフォンでは、指先ひとつで決済もできます。

他にも、キャッシュレス決済が普及したことが大きな要因と言えるでしょう。
クレジットカードや電子マネーにより、現金を使わずに支払いを済ませる方法が世界的に一般的となってきました。
(参考記事:今更聞けない!キャッシュレス決済の支払い方法とは?

そんな便利な時代の中で、「買い物をするな!」という方が難しいですよね。
周りを見渡せば、誘惑だらけの時代になっていることがわかりますね。

買い物をしない日=No Buy Day!

節約しない画像

誘惑だらけの環境の中で、全くお金を使わない日がありますか?
私は意識的に買い物をしない日を最低でも1週間に一度設定しています。
買い物をしない日のことを「No Buy Day!」と勝手に言っています。

周りの人やSNSなどで自ら言うことで逃げ場をなくし、積極的に実践できるようにしています。
私はこの「No Buy Day!」こそが節約の基本であり、一番効果があると考えています。

正直、「買い物をしないこと」は不可能です。
全く買い物をしない生活をすれば、何のために働いているのかわからなくなってきますね。
そのため、毎日ではなくても良いので、不定期に「No Buy Day!」に取り組むことで、メリハリのある節約生活ができるものだと思います。

(関連記事:ストレスのない節約生活を!「節約疲れ」にならないための4つの方法とは?

節約生活に効果的な理由とは?

悩む女性の画像

  • お金を使わないことによる節約効果
  • 「本当に買う必要があるのか?」という意識の醸成

コンビニ、自動販売機、スーパーや100均などでの不必要な買い物をしないことで、使わなかった分だけのお金が財布に残ります
またクレジットカードや電子マネーの使用も控えることで、残高がいつもより多く残っていることを実感できます。
わかりやすくお金がいつもより残る状態が作れるので、節約のモチベーションにも大きく繋がります。

(関連記事:節約の敵!?セールで無駄な買い物や無駄な時間を使わないための買い物思考術5選

一番効果が大きいことは、「本当に買う必要があるのか?」という意識の醸成です。
いきなり節約生活をして「いろんな買い物を止める!」というのは非常に困難ですし、ストレスがたまります。
ただ買い物の前に少し立ち止まり、「今これいるかな?」「この先どう使うだろう?」などの考える習慣をつけます。
「本当に効果があるのか?」と思う方もいるかもしれませんが、私は少なくともこの方法で節約生活が非常に充実しています。

節約生活はお金というわかりやすい成果も大切ですが、いかに日常が充実しているか、また、ストレスなく生活できているかがポイントです。
無理なく、楽しく「No Buy Day!」を実施してもらえたら良いと思います。

【実践】「買い物をしない日」を作るために取り組んでいること!

ノートをとる女の子の画像

実際に、私が「No Buy Day!」のために実践していることを紹介します。
仕事に行って帰ってくるだけの日は、特に積極的に実践しています。

  • No Buy Day!を公言する!
  • ふらっと寄り道するのを止める!
  • 飲み物は家から持っていく!
  • お昼ご飯は家からお弁当を持っていく!
  • 買いそう!買いたい!となったものと金額をメモしておく!

要は、仕事から家にまっすぐ帰れる時はまっすぐ帰るようにしています。
日常生活の中でコンビニが5つあるけど、全部スルーしています。
時間があれば「ちょっと寄り道を!」と思うこともありますが、意識的に避けています。

飲み物は家から持っていくことで、ドリンク代を大きく節約しています。
1日100円缶コーヒー買えば、月に3,000円、年間で36,000円ですからね。
飲み物代の節約は、非常に節約効果を発揮していると実感している部分のひとつです。
(関連記事:誰でも飲み物代を確実に節約できる5つの方法とは?

買いたいものリストを作るのは、非常に効果的です。
適当な紙やスマートフォンのメモに、①買いたいもの、②買いたいものの金額、を書くだけです。
もし買うのを我慢すれば、それだけ意識的に節約できたということです。
また、可視化することで「本当に必要なのか?」と考えやすいです。

これらを実施することで、私自身の節約意識の高まりも実感しています。
また、実際に節約効果も大きく出てきています。

まとめ

タイトル画像

今回は、買い物をしない日を作ることが節約生活に効果的な本当の理由と実践方法を紹介しました。
「本当に買う必要があるのか?」という意識は、節約生活の根幹的な考え方です。
不必要なものを買うことほど節約の敵はありません。
また、インターネットで買い物ができたり、コンビニもあちこちにある便利な時代です。
誘惑に負けそうになる時もありますが、そこをグッと堪えて少し考える習慣がつけば、より充実した節約生活になるでしょう。
皆さんも一緒に「No Buy Day!」と公言して、取り組んでみませんか


ないものはない!お買い物なら楽天市場

「楽天市場」
どうしても買い物をしたいときは、スーパーやコンビニを買わずに、楽天市場を活用してみましょう。
楽天スーパーポイントは、キャンペーンも頻繁に実施しています。
また、ポイント還元率もよく、使い勝手も非常に便利です。
大きな特徴としては、楽天証券で楽天スーパーポイントを活用して、投資信託の運用ができることですね。
買い物したポイントで簡単に、資産運用ができるのは大きな魅力ですよ。

〇一緒に読みたい記事

コメント