今年は10連休のゴールデンウィーク!事前に準備しておくべきお金のこととは?

タイトル画像 お金のこと

2019年のゴールデンウィークは、天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位及び元号の改元に伴い、2019年4月27日から5月6日までが10連休です。
休みが10日間もある人は、嬉しい人も多いのではないでしょうか?
もう既に、新幹線や飛行機などの予約を取るのが、難しくなっているようです。
海外旅行などで出かける人も多いのでしょうね。

しかし、今回の10連休は、過去にないほど長いことから、いろいろ混乱を招きそうだと言われています。
では、どのようなことが問題となるのでしょうか?
今回は、10連休もあるゴールデンウィークの事前に準備しておくべきお金のことについて、ご紹介します。

2019年のゴールデンウィークは10連休!

散歩画像

毎年ゴールデンウィークって楽しみですよね。
今年はなんと10連休です。
お金の準備をしっかりして、楽しく10連休を過ごしましょうね。

どのようなゴールデンウィークなのか?

今年のゴールデンウィークは、以下のとおり10連休です。
有給休暇などを使わずにここまで長い連休は、今まで見たこともありません。
この長期的な連休により、様々なところで混乱が生じると言われています。

  • 4月27日:土曜日
  • 4月28日:日曜日
  • 4月29日:昭和の日
  • 4月30日:国民の休日
  • 5月1日:新天皇即位の日・改元記念日
  • 5月2日:国民の休日
  • 5月3日:憲法記念日
  • 5月4日:みどりの日
  • 5月5日:こどもの日
  • 5月6日:振替休日

お金の準備をしっかりしましょう!

過去にも未来にもなかなかない10連休のゴールデンウィークを使って、旅行、買い物や遊びでお金を使うことが増えるでしょう。
また仕事の人もいるかと思いますが、世間が休みの中で働いた自分へのご褒美として、外食や買い物も増えるかと思います。
このゴールデンウィークをしっかり楽しむためにも、今のうちにお金の準備をしておきましょう。
予定がある人も予定がない人も、準備をしておくことで気持ちの良い10日間を過ごすことができますよ。

◯一緒に読みたい記事

銀行関係は早めに動き出しておこう!

銀行画像

まずは、銀行関係から確認します。
銀行関係が、このゴールデンウィークで一番混乱するとも言われています。
しっかりポイントを押さえて、事前に対応しておきましょう。

銀行窓口の営業日を確認しよう!

銀行の休業日は、銀行法で定められています。
ゴールデンウィークも休業日という扱いになるため、基本的には銀行の窓口も休みです。
しかし、一部の銀行では、連休中も一部店舗の営業を行うと発表をしています。銀行によって動きが違いますので、自分が使っている銀行については、しっかり確認をしておきましょう。

また、ゴールデンウィーク前後の営業日は大混雑も予想されています。
基本的にはほとんどの銀行が、4月26日が月末となり、5月7日が月初の営業日となることから、個人・法人共にかなりの混雑が予想できます。
もしあらかじめ出来る手続きであれば早めに済ませるか、急いでいないのであれば5月中下旬にするかで対応するようにしましょう。

ATMは現金不足が懸念されている!

基本的には、ゴールデンウィーク中もATMは稼働する予定となっています。
しかし、現金不足によるATM停止も懸念されています。
一般社団法人全国銀行協会からも、下記のように案内が出ています。

連休中に現金が足りなくなり稼動を停止するATMがでる可能性もありますので、連休中に必要な現金につきましては、なるべく連休前にご準備くださいますようお願い申しあげます。

出所:一般社団法人全国銀行協会

おそらく、ATMの現金の補充をあまりおこなわない又は全く行わないことが想定されます。
これに伴い、一部の銀行ではATMも稼働させない銀行もあるようです。
普段キャッシュレス生活をしている人も、予備費としてある程度現金を準備しておきましょう。
銀行窓口と同様に、4月25日と26日は、ATMも混雑が予想されますので、早めに対応するようにしましょう。

口座の引き落とし日には注意する!

ゴールデンウィーク中に口座振替日が設定されている場合、基本的には口座からの引き落とし日は、翌営業日となります。
そのため、5月7日の扱いとなります。

クレジットカード会社によっては、27日引き落としのものがあったり、支払い方法によっては月末引き落としのものもあります。
このようなものが5月7日に一気にまとめて引き落とされるので、口座の残高には気をつけておきましょう。
口座の残高もゴールデンウィーク前にしっかりと準備しておくことで、大きな心配もなくなります。
また、26日引き落としのお金までは、通常通りに処理されますので、対応する必要はありません。

給料日等は会社による!

給料日等は、お勤め先の会社によります。
25日に給料日の会社は通常通り支払われますが、給料日が月末の場合は、前営業日(4月26日)または翌営業日(5月7日)となります。
どちらにするかは、会社が選択する権利を持っているので、どちらになるかはお勤め先の会社に確認しましょう。
前営業日による支払い対応になる会社が一般的には多いようですが、一部の会社では、給料事務の作業時間や資金繰りの都合上、翌営業日とする会社もあるようです。
ゴールデンウィーク中に休業日を迎える会社にお勤めの人は、念のため確認しておきましょう。

〇一緒に読みたい記事

証券会社関係は判断が難しい!

ビジネス画像

特に株式を保有している人などではありますが、お金という意味では一番動きがあるかもしれないのが、証券関係です。
どうしてなのか、以下で確認してみましょう。

日本の株式市場は開かれない!

ゴールデンウィーク中は、日本の株式市場は開かれないことになっています。
既に、日本証券業協会の鈴木茂晴会長が以下の発言をしています。

たいへんなお祝いなので、証券界がそれに反して(市場を)開くことはありえない。ともに我々もお祝いしたい。1年限りなので、特別な対応は考えていない。

出所:日本経済新聞 2018/11/21

つまり、日本の株式市場はゴールデンウィーク中に開くことはありません。
ゴールデンウィークの間に懸念されているのが、海外の株式市場で大きな動きがあった場合です。
株式市場の上昇であれば良いのですが、もし大きな暴落があった場合には、どうなるのかと想像するだけでも怖いものです。
私たち一般家庭への影響が出ないとも言えません
こればかりは何事もなうことを願うばかりです。

もし株式を保有している人は、ゴールデンウィーク前に一旦現金化しておくことで、リスクを回避することが出来るかもしれません。
4月は特に世界経済や動向に注視しておきましょう。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 …だけど本格派 オールカラーでわかりやすい!/ダイヤモンド・ザイ編集部

価格:1,728円
(2019/3/28 22:16時点)
感想(1件)

FX関係は通常通りに動く!

ほとんどのFX業者は、通常通り取引が行えるようです。
しかし、コールセンターなどの人員が生じる部分については、休みになることが想定できるため、システムトラブルや急な対応が必要な場合は、苦慮するかもしれません。
また、ゴールデンウィーク期間は、例年円高に進む傾向があると言われています。
そのあたりもしっかり事前に考えておきましょう。

ZAiが作った「FX」入門 改訂版 [ ザイFX!編集部×羊飼い ]

価格:1,728円
(2019/3/28 22:17時点)
感想(11件)

〇一緒に読みたい記事

市役所などの行政機関は休み!

婚姻届画像

市役所などの行政機関も、銀行と同様に基本的には休みです。
しかし、一部の市役所や行政機関は、土日祝も一部手続きだけ出来るようにしている場合もあります。

婚姻届を5月1日に出すことは出来る!

婚姻届 【メール便可】 えらべる婚姻届 役所にも提出できます! 【あす楽対応】

価格:1,080円
(2019/3/28 22:20時点)
感想(9件)

5月1日の改元に合わせて、婚姻届を出したいという人もいると思います。
この場合は、夜間窓口でも婚姻届の受付をしてくれます
夜間窓口で受付をしたものは、その日付での受付となるので、心配はありません。
ただし、記載内容に不備等があれば、その日の入籍扱いにならないこともありますので、婚姻届を書くときは、間違いがないように気をつけましょう。
改元日となる5月1日は、ちょうど大安で良い日ですね。

住民票や戸籍謄本などはコンビニ交付で!

住民票や戸籍謄本などは、もちろん市役所が空いていないので取得することができません。
しかし、一部の市役所では、マイナンバーカードを使ったコンビニ交付ができます。
コンビニ交付を使えるのであれば、ゴールデンウィークの関係もなく、住民票や戸籍謄本の発行ができます。
今のうちにマイナンバーカードを申請しておくことも、ひとつの手段かもしれませんね。

◯一緒に読みたい記事

ゴールデンウィーク前後は混雑が予想される!

市役所や行政機関なども、銀行と同じくゴールデンウィーク前後は混雑が予想されます。
もし可能であれば、4月早々に行っておくか、5月中下旬以降に行くようにしましょう。

ゴールデンウィーク前にしておきたいお金の準備とは?

財布画像

銀行、証券会社、市役所や行政機関などでは、ゴールデンウィークにどのようになるかについてのご紹介をしました。
では次に、ゴールデンウィーク前に準備しておきたいお金について、ご紹介します。

ゴールデンウィークで使うお金を見積もろう!

10連休となるゴールデンウィークで、現金やクレジットカード払いなどを含めて、どれくらいお金を使うことになるのかを試算しましょう。
事前にある程度のお金を見積もっておくことで、出費が必要以上に増えるのを抑えることが目的です。
「だいたいこれくらい使う予定!」と確認しておけば、最低でもその金額以上を使うことはないでしょう。
もし使うお金を見積もっておかなければ、気が緩んでいくらでも出費してしまう可能性があるので、注意が必要です。
ゴールデンウィークに不必要な出費をしないように、意識的に取り組んでみましょう。

◯一緒に読みたい記事

現金をしっかり手元に用意しよう!

現金派の人もキャッシュレス派の人も、ゴールデンウィーク前にはしっかり現金を用意しておきましょう。
キャッシュレス化が進んできたのは間違いありませんが、まだまだ現金のみしか使えないお店も多いです。
その中で、現金不足やメンテナンスなどによりATMが使えなくなることが起きてしまうと、支払う手段を失ってしまいます。
もしATMが使えたとしても、多くの人が利用することが想定できるため、行列に並んでいる時間がもったいないです。
ゴールデンウィーク前の余裕があるうちに、現金を手元に置いておくようにしましょう。

◯一緒に読みたい記事

銀行口座を複数持つ!

もし銀行口座をひとつしか持っていない人は、もうひとつ銀行口座を開設して、お金を入れておきましょう。
普段は全然ひとつでも問題はありませんが、今回のゴールデンウィークでは、金融業界においても何が起きるかわからないと言われています。
もしも、唯一使っているメイン銀行がシステム障害などで使えなくなってしまえば、入出金など何もできなくなってしまいます。
もしものことを想定して、もうひとつ銀行口座を持っておけば、余計な心配の必要がなくなるでしょう。
また、今回のゴールデンウィークだけではなく、災害時などのリスク回避にもなるので、普段からサブ口座も用意しておくことをおススメします。

◯一緒に読みたい記事

派遣社員やアルバイトの人は今から貯金をしよう!

派遣社員やアルバイトの人など、働いた時間だけで給料が決まる働き方の場合は、間違いなく収入が減ります
勤務日数が少なくなり、収入が減ることをきちんと想定して、今のうちからお金を貯めておきましょう。
ただし、サービス業の人であれば、ゴールデンウィークの間はずっと休日並に働くことができる可能性もあるため、逆に収入が増える可能性もあります。
また、正社員などの人でも、ゴールデンウィークでの出費が多くなることは間違いないと思うので、今から使う予定の金額分だけでもしっかり貯金しておきましょう。

◯一緒に読みたい記事

まとめ

手をつなぐ画像

今回は、10連休もあるゴールデンウィークの事前に準備しておくべきお金のことについて、ご紹介しました。
ここまで長いゴールデンウィークは初めてのことなので、何が起きるのかは本当にわかりません。
金融業を中心に、何かしら混乱が起きることは予想されています。
せっかくのゴールデンウィークなので、楽しく過ごしたいものですよね。
楽しく過ごすためにも、時間に余裕がある今のうちにしっかり準備をしておきましょう。

◯一緒に読みたい記事

コメント