証明書発行の時短術!住民票や所得証明書などはコンビニ交付で取得できる!

タイトル画像 生活時短術

何かしら手続きをする時に、住民票や所得証明書が必要になり、市区町村役場に行くのが面倒ではありませんか?
市区町村役場の近くに住んでいれば気にしないと思いますが、市区町村役場から遠かったり、待ち時間がいつも長い市区町村役場であれば、書類を発行してもらうためだけにわざわざ時間を割くのは嫌ですよね。

そんな時は、コンビニ交付が非常に便利です。
市区町村によりますが、コンビニで住民票や所得証明書などの交付を受けることが出来るようになってきています。
今回は、住民票や所得証明書などが誰でも手軽に発行できるコンビニ交付について、ご紹介します。

コンビニ交付とは?

コンビニ交付とは、マイナンバーカードか住民基本台帳カードを利用して、自治体が発行する証明書をコンビニで取得できるものです。
全国のコンビニ等のキオスク端末(マルチコピー機)から、発行することができます。

コンビニ交付を受けることができる証明書とは?

コンビニ交付を受けることができる書類は、主に下記の通りです。

  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 各種税証明書
  • 戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)
  • 戸籍の附票の写し

なお、住んでいる市区町村と本籍地の自治体が異なる人も、本籍地の証明書を取ることができます。

  • 戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)
  • 戸籍の附票の写し

ただし、市区町村により、取得できる証明書の種類が異なります
市区町村毎の取得可能な証明書は、下記より確認することができますので、一度、ご自身がお住まいの市区町村の現状について、確認してみてください。

利用できる市区町村の検索

証明書の取得方法とは?

キオスク端末(マルチコピー機)の起動!

まずは、キオスク端末(マルチコピー機)を使用します。
ほとんど全てのコンビニで対応していますので、ある程度はどこに行っても問題ありません。
画面に表示される「行政サービス」を押すと、利用開始です。

マイナンバーカード又は住民基本台帳カードの認証!

証明書交付サービスメニューを選択し、マイナンバーカード又は住民基本台帳カードを指定の場所に置きます
マイナンバーカード又は住民基本台帳カードが利用可能かどうか確認を行います。
置き場所は、だいたいどのコンビニでもわかりやすい場所にありますよ。

証明書の選択!

まずは、お住いの市区町村を選択します。
その後、マイナンバーカード又は住民基本台帳カードの交付時に設定した暗証番号を入力し、本人確認を行います。
本人確認終了後に、カードを取り外します。

カード取り外し後に、お住まいの市区町村で取得可能な証明書の一覧が表示されます。
今回発行したい証明書を選択しましょう。
証明書を選択する際は、交付種別や記載事項、そして、部数を選択しましょう。

印刷して終了!

入力した内容の最終確認を行います。
もしも訂正が必要な場合は、該当項目の入力画面又は選択画面まで戻って訂正しましょう。
最後に料金を支払えば、証明書が印刷されます。

コンビニ交付のメリット!

いつでも発行できる!

なんといってもコンビニ交付の良いところは、市区町村役場よりも長時間利用が出来ることです。
各コンビニにおいて、毎日6時30分から23時まで利用できます。
市区町村役場の窓口閉庁後の夜間や休日でも、必要なときに利用できるのが良いですね。
ただし、毎年12月29日から1月3日は発行が停止されているので、ご注意ください。

どこでも発行できる!

お住まいの市区町村役場に関わらず、全国どこでも最寄りのコンビニ等のキオスク端末(マルチコピー機)で証明書が取得できます。
わざわざ市区町村役場に行かなくても良いのは助かりますよね。
何かのついでに証明書を発行することができますよ。
証明書を発行できるコンビニ等については、下記を確認してみてください。

証明書を発行できるコンビニ等

安心して発行できる!

コンビニ等での証明書の発行は、周りの人の目に触れずに取得できます。
また、証明書の偽造・改ざん防止や通信ネットワークも安全に対策されています。
証明書発行後も、マイナンバーカード又は住民基本台帳カードの取り忘れの案内や証明書の取り忘れの案内もしてくれます。
個人情報が漏洩することがないよう、万全の機能が兼ね備えられているので、安心して利用することができます。

まとめ

今回は、住民票や所得証明書などが誰でも手軽に発行できるコンビニ交付について、ご紹介しました。
市区町村役場の窓口まで行って、わざわざ証明書を発行するには時間も手間もかかります。
しかしコンビニ等であれば、空き時間にふらっと寄るだけですぐに証明書を取得することができます。
市区町村役場への移動時間と窓口の待ち時間を考えれば、コンビニ交付は非常に早くて楽です。

まだ利用できない市区町村があるのは少し残念ですが、今後は全市区町村へ普及していくものだと推測できます。
貴重な時間を有効に活用するためにも、市区町村役場が発行する証明書は、コンビニ交付で発行しましょう。

1000円クーポン配布中☆名刺入れ レディース カードケース スリム メンズ 40枚 大容量 両面収納 バイカラー 40枚以上 大量収納 ブック型 じゃばら シンプル 革 レザー ポイントカード メール便 送料無料

価格:1,080円
(2019/2/4 22:39時点)
感想(2250件)

マイナンバーカードは、カードケースに入れて保管しましょう。
大量収納のカードケースを活用すれば、他のポイントカードなどと一緒に管理もできます。
カード類はわかりやすく1ヵ所にまとめて管理すると楽ですよ。
カードケースの中でも、上記は安くて口コミも良いので、大変お得な商品です。

◯一緒に読みたい記事

コメント